\ 年に1度のブラックフライデーセール! /詳細を見る

ナイフレビュー!越乃火匠 久八【上溝桜柄山小刀2寸】

  • URLをコピーしました!

[temp id=2]

K15
K15

「コンパクトで軽量」「カッコイイハンドル」「メンテしやすいステンレス鋼材」のナイフを探していました。越乃火匠 久八「上溝桜柄山小刀2寸」は、僕のニーズに一致しました!

目次

越乃火匠 久八とは

越乃火匠 久八とは、一体どんなブランドなのでしょうか。

越乃火匠 久八は、日本のブランド!「日本の火の道具」をテーマに商品開発や制作をしています!「鍛治職人」「革職人」が作っており、クオリティが高いのです!

上溝桜柄山小刀2寸の特徴

さて、今回紹介する「上溝桜柄山小刀2寸」の特徴を見ていきましょう!

ハンドルの素材は、上溝桜!

別名、鉈柄(なたづか)と呼ばれています。軽くて強いので、道具の柄として古くから使われています!

上溝桜は、乾燥しても樹皮が剥がれません!樹皮の雰囲気が「芸術的」でカッコイイです!

ブレードの鋼材は、ステンレス!錆びにくいので、メンテナンスしやすいです!エッジは、扱いやすいスカンジグラインド!

シースは、ヌメ革!使い込んで味わい深くなります!

サイズは、「2寸」「3寸」があります!

2寸の刃渡りは、60mm。3寸は、90mmとなります。コンパクトなナイフなので、ハイキング(徒歩移動でのキャンプ)に持っていきやすいです!

K15
K15

僕が買ったショップでは、2寸の方が先に売り切れとなりました!コンパクトなナイフ探している人多いんですね。

上溝桜柄山小刀2寸の特徴
  • 「軽い」「強い」「雰囲気いい」上溝桜のハンドル
  • 錆びにくいステンレス鋼材
  • 研ぎやすいスカンジグラインド
  • 味わい深くなるヌメ革シース
  • 2サイズあり、どちらも小型ナイフ

無骨でカッコイイ!見ていて楽しい!

「芸術的でカッコイイ」

上溝桜柄山小刀2寸の現物を見たとき、そう思いました!

北欧のナイフであれば、マーブル模様のカーリーバーチが人気ですよね。上溝桜のハンドルは、それよりも無骨な雰囲気を感じます。

日本に自生する上溝桜を使っているところに親近感を感じます!

天然素材なので、一点一点模様が異なります!そこも上溝桜柄山小刀の魅力です!

手に馴染むハンドル

「小さいけど握りやすいのか」

そんな心配は無用でした!驚くほどに握りやすく、扱いやすいです!

人差し指から小指までしっかりグリップできるので、手が冷たくなっても持ちやすいと思います!

全長150mm
刃渡り60mm
刃厚2mm
総重量(実測値)112g
【上溝桜柄山小刀2寸のスペック】

小さくても実用性がある

「小さすぎて物足りないかもしれない」

そんな不安もありました。でも、ハードにナイフを使う「ブッシュクラフト」を想定して買った訳ではありません。

つまり、枝払いやバトニング(薪を割る)をしないキャンプを想定して買いました!

「ウッドストーブ一つでキャンプする」ことが多い僕にとって、小さなナイフで事足ります!

ウッドストーブは、落ちている枝が燃料ですから、樹皮を削いだり「フェザースティック」が作れたらOKです!

上溝桜柄山小刀2寸は、その他にも枝を尖らせて「ペグ」を作ったり、ノッチを刻んで「トライスティック」を作ることもできます!

小さくても握りやすく、細かな作業がしやすいので、とても気に入りました!

操作性の高い小さなナイフを探している人におすすめできます!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次