MAAGZバックソー「半手作り」DIY苦手でもなんとかなりそう!

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

MAAGZから無骨キャンパーが憧れるバックソーが登場!ナイフで削り、塗装したりオイルを塗るだけでオリジナルバックソーが完成!面白そうなので、紹介しときます!!

スポンサーリンク

バックソーDIYキットの全容

MAAGZ「バックソーDIYキット」は、バックソー作りに必要なものが全て付属されています!

出典:MAAGZ

あと、「ナイフ・サンドペーパー」があればオリジナルなバックソーが出来上がりますね!

ナイフは、モーラナイフが使いやすいですよ!ウッドカービング用であれば、削りやすいのでおすすめです!

モーラナイフ ウッドカービングナイフ

MAAGZのバックソーは、ハンドル内にブレードの刃を収納できます!これによって、安全に持ち運べます!

出典:MAAGZ

僕の手作りしたバックソーもハンドル内にブレードが収まります!やはり、安全に持ち運べるので便利ですよ!

木材は、家具などに使われているブナ材を使用。硬めの材なので強度があります!

K15
K15

「ブレードだけが欲しい」「フレームだけが欲しい」という人がいるかもしれません。安心してください!「ブレードのみ」「フレームのみ」でも販売しています!

ブレードは、「押し引き」どちらでも切断可能です。(押してダメなら引いてみるが可能です。恋愛も枝切りも同じです。きっと…。)

皆さん!このブレードは安いですよ!

僕が買ったバーコのバックソーブレードは、確か3,700円(税込)くらいしました…(人気なので売り切れることもしばしば)。

一方で、MAAGZのバックソーブレードは24インチで2,420円(税込)。「バックソーブレードが安く手に入る」ところ案外見逃している人多いのでは!?

サイズは2サイズあります。「10インチモデル」と「24インチモデル」です。

インチで表記されると、なかなかイメージが湧きません。サイズ感については、次の項でみていきます!

収納袋は、残念ながらオプション品となっています。別途買い揃える必要がありますね。

では、バックソーDIYキットの特徴をまとめます。

バックソーDIYの特徴
  • バックソー作りに必要なものが揃っている
  • ナイフやサンドペーパーは準備が必要
  • サイズは2サイズある
  • ブレードは「押し引き」どちらでも切断可能
  • フレームやブレード単体でも販売している
  • 収納袋はオプション品

どのサイズにしますか!?

バックソーDIYキットは、「10インチモデル(刃渡り265mm)」と「24インチモデル(刃渡り526mm)」があります。どちらにするか悩む人がいるかもしれません。

僕は、10インチモデルが良いと思っています!

MAAGZの24インチモデルは、僕が使っているバックソーとほぼ同じ長さ。ストロークが長いので、ザクザク切れるのですが嵩張ります。

出典:MAAGZ

バックキャンプ一つでキャンプする僕は、24インチほどの大きさだと嵩張ってしまうので、家に置いておくことが多いです。

なので、荷物を軽くしたい人は、10インチで良いと思いますよ!現地でフレームを作る人は、24インチでも良いかな!

1から作るバックソーは大変

1から作るバックソーは、意外と大変です。

僕は、焼き杉バックソーを自作しました。寸法を測り、木を切り出し、溝を掘らないといけないので大変なんです。

自作バックソー

でも1から作れば完全オリジナルなので、少々不恰好でも作る楽しさを味わえます!そして、自分で生み出した道具で、木を切り焚き火をするのが最高です!

僕は、キットより1から自分で作りたい派です!ですが、「DIYが苦手だけど自分好みに仕上げたい!」という人もいると思うので、そこはバックソーDIYキットに頼ってもいいと思います!

コメント