\ 年に1度のブラックフライデーセール! /詳細を見る

オーバーノース「ミニマルストーブ」43gの超軽量焚き火台!

  • URLをコピーしました!

[temp id=2]

K15
K15

またしてもヤバすぎる焚き火台を見つけてしまいました!本体重量わずか43gの焚き火台「ミニマルストーブ」!(風で吹き飛んでしまわないか心配なレベル…)

目次

オーバーノースとはどんな会社?

ミニマルストーブを作っている「overnorth(オーバーノース)」は、どんな会社なのでしょうか?

金属加工の町、新潟県燕市で金型の設計・製作・部品加工を営んで46年。
長年培ってきた金属加工の技術を活かして、家庭や飲食店での使用を想定した金属皿を提供する、overnorth(オーバーノース)というブランドをこの度立ち上げました。

引用元:https://shop.hokuetu-kanagata.com/about

オーバーノースは、金属加工を営んで46年の会社(北越金型)が営んでいるブランド!金属皿以外にもアウトドアテーブルや焚き火ギアも製作しています!

金属加工を長年やっている会社なのでクオリティが高そうですね!

ミニマルストーブの特徴

では、本題のミニマルストーブの特徴を見ていきましょう!

ミニマルストーブの特徴
  • 本体重量43gと超軽量
  • 板厚0.3mmのチタン素材
  • 耐荷重10kgもある
  • 収納サイズがコンパクト
  • 収納ケースが灰受けになる

ミニマルストーブは「軽い、錆びない、強い」という特徴があるチタン素材を使用!

板厚は、0.3mmと極薄のため本体重量43g。では、耐荷重が心配になると思いますが、耐荷重はなんと10kgもあります!

10kgのものを乗せないにしても、耐荷重がこれだけあると安心して使えますよね!

収納サイズは、メスティンに収納できるくらいコンパクト!収納ケースは、灰受けになるから軽量化になります!

「軽くて、耐荷重もあり、コンパクト」魅力的ですね!

形は、ペトロマックスのホーボーストーブbk1に似ていますが、重量比で約14倍ペトロマックスの方が重くなります!(ホーボーストーブの重量590g)

では、ミニマルストーブはどれくらいの大きさなのか?組み立てサイズが気になります!次の項で見ていきましょう!

ミニマルストーブのスペック

ミニマルストーブのスペックは以下になります!

組み立てサイズW112×D86×H85mm
収納サイズW112×D86×H3mm
素材チタン(板厚0.3mm)
重量本体:43g、ケース:31g
製造新潟県燕市
【ミニマルストーブのスペック】

手のひらサイズなので、決して大きくはありません。

ですが、ケトルを置いてお湯を沸かしたり、小さな鉄板を置いておつまみを作るのはできます!(製品紹介動画を参考にしています)

炎の揺らぎを楽しんだり、コーヒーを楽しむことができるので、これくらいのサイズでも十分ですよね!

燃料が3つ使える

ミニマルストーブは、小型なので固形燃料やアルコールストーブとの相性がいいんです!

つまり、「小枝・固形燃料・アルコールストーブ」3つの燃料が使えます!

前面以外のプレートは、風をしっかり防ぐので、風に弱い燃料の風防としても活躍しますよね!(後部のプレートには空気穴があります)

火床は、吸気口がたくさんあるので燃焼効率が良いでしょう!

こんな記事を書いていると、ますます欲しくなりますね。板厚が薄いので、歪みはあるかもしれませんが、軽いのは嬉しいね!

あ〜使ってみたい!!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次