OneTigris焚き火台「ROCUBOIDのレビュー教えます」

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

ウッドストーブを4つ持っている僕が、OneTigris(ワンティグリス)の焚き火台の魅力教えるよ!

スポンサーリンク

大きさは他社と同じくらい

OneTigrisの焚き火台は、「ファイヤーボックス G2」や「キース チタニウムウッドストーブ」と同じくらいの大きさ!

ソロキャンプで使うには、ちょうどいいサイズ感!収納サイズもコンパクトで携行性がいい!バイクツーリングやハイキングでも持ち運べる!

少し重いかな

OneTigrisの焚き火台(チタン素材)の重量は422g(収納ケース込み)。一方で、同じチタン素材を使っている「キース チタニウムウッドストーブ」の重量は、349g(収納ケース込み)。

OneTigrisも300g程であれば、なお持ち運びしやすいな!

五徳が便利

OneTigrisの焚き火台は、五徳が本体にはめやすい。キースの場合は、はめづらいので手間を感じる。

五徳の上部は、凸凹しているので、フライパンやケトルが滑りにくい!安いのに、工夫されている!

五徳が少し高くなっているので、本体との隙間から小枝をくべられる点がいい!

燃焼効率がいい

OneTigrisの焚き火台はウッドストーブなので、吸気効率がよく、燃焼性がいい!しかし、他のウッドストーブに比べると、サイドプレートの穴が少ないので、燃焼効率が劣るかもしれない。

サイドプレートに穴が少ないことで、熱を閉じ込められるメリットもある。あまり燃焼効率が良すぎると、薪の消費が激しいので、燃焼効率はほどほどが使いやすい。

そういった意味では、OneTigrisの焚き火台は使いやすいと思う!

長めの枝を突っ込んで楽しむ

ウッドストーブは、薪の消費が激しいため薪を焚べるのが忙しい。

OneTigris焚き火台は、フロントパネルに大きな口があるので、長めの枝を突っ込みながら焚き火が楽しめる。

最後に

最後に、レビューのまとめをしておこう!

レビューのまとめ
  • ソロキャンプにちょうどいい大きさ
  • もう少し軽いと嬉しい
  • 五徳の隙間から小枝が入れられる
  • ちょうどいい燃焼効率
  • 口に長めの枝を突っ込められる

チタンなのにコスパがいいので、初めてのウッドストーブにピッタリ!本記事が購入検討をしている人の参考になれば嬉しい!

その他のウッドストーブを知っておきたい人は、以下のリンクを参考に!

コメント