TOAKS「チタン550ml1つで何ができる?」使用事例を紹介!

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

トークスのライトチタニウムポット550mlで一体何ができるのだろうか。レビューを行なっていくので参考になれば嬉しい!

スポンサーリンク

550mlというちょうどいいサイズ感

550mlという容量は、ちょうどいいサイズ感だ!

実は、トークス チタニウムポット450mlも持っているが、これ1つだと容量が足りない。ラーメンなどの麺類を作るには、もっと容量がほしい。

お湯でレトルト食品やフリーズドライを2品食べるにも450mlだと少し足りない。

そこで、550mlに目をつけた。550mlが今の僕にとって最低限必要な容量だ。

スタッキング事例

トークスのライトチタニウムポット550mlのスタッキング事例を紹介。

3つのスタッキング事例
  • ガスカートリッジ
  • アルコールバーナー
  • 固形燃料

まずは、ガスカートリッジのスタッキング!

チタニウムポット550mlには、110サイズのガスカートリッジが入る!これは便利だ!

次に、アルコールバーナーのスタッキング!

アルコールストーブの風防とゴトクに、ミュ二ーク Xメッシュストーブを使うことで、省スペースになり、カトラリーも入れられる。

次に、固形燃料のスタッキング!

固形燃料には、体に優しいファイヤードラゴンを使用!固形燃料を使うことで、もっとも軽くできる!

料理も十分に楽しめる

550mlの容量だが、ソロなら十分に料理を楽しめる!

実際に試した料理
  • クリームシチュー
  • 燻製ラーメン
  • 生椎茸のにゅうめん

まずは、クリームシチュー!

クリームシチューをパンにつけて食べる!最高に美味しかった!

鳥を炒める時は、焦げやすいので注意しよう。

次は、イノシシの燻製ラーメン!

マルタイの棒ラーメンを使い、イノシシ肉と半熟卵でトッピング。トッピングを工夫することで、満足度が高まる!

次は、生椎茸のにゅうめん!

生椎茸のコリコリした食感がたまらない!とろろ昆布を入れることで旨味が出る!

550mlの容量でも十分に料理を楽しめるから、いろんな料理にチャレンジしたい!

エバニュー チタンマグポット500との比較

人気な「エバニュー チタンマグポット500」とどちらが使いやすいのだろうか。

僕は、「焚き火をするときはトークス(キャンプ)」、「固形燃料やアルコールストーブではエバニュー (登山)」といった使いわけをしている。

なぜならエバニューの方は、焚き火台のゴトクだと少し不安定だからだ。

底の形状の違いがあり、エバニューの方は段差がある。

しかし、エバニューは注ぎ口があるので、お湯を注ぎやすい!コーヒーを楽しむ人は、エバニューの方が使いやすい。

焚き火好きなら、トークス ライトチタニウムポット550ml!

固形燃料やアルコールストーブメインならエバニュー チタンマグポット500

コメント