警告【FIREBOX Scout】売り切れ注意のネイチャーストーブ

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

世界中から注目を集めているFIREBOX Scout。シンプルな作りで、いろんな種類の燃料が使える。でも、スタッキングが難しい!?

スポンサーリンク

FIREBOX Scoutの特徴

FIREBOX Scoutは、コンパクトなストーブ。パーツの構成は、ストーブと2つの蓋。この蓋が面白くて、ストーブの台座になったり、吸気効率を下げて火力の調整ができる。

出典:FIREBOX

ストーブの燃料は、小枝やFIREBOXフュールディスクの他にもいろんな種類が使える。ポジショニングピンをさせば、アルコールストーブに対応。別売りのロストルを使えば、木質ペレットや固形燃料が使いやすくなる。

出典:FIREBOX

FIREBOXの公式動画では、炭を使って肉を焼いていた。ソロキャンプでは、ちまちま焼くのが楽しかったりする。僕は、小さいものに惹かれてしまう。

小さくても頼りになる

Scoutのような小さなネイチャーストーブでは、「物足りないのではないか」と思うかもしれない。実は、僕も「大きくないと楽しめないだろう」と思っていた。

FIREBOX G2ピコグリル85を使って気づいたが、ネイチャーストーブでちょうどいい!

【ネイチャーストーブの良いところ】
  • クッカーやケトルが置きやすい
  • 燃焼効率がよく、すぐにお湯が沸く
  • 落ちている枝が燃料になる
  • 炎の揺らぎを楽しめる
  • 携行性が良い

燃料は、落ちている枝をポキポキ折って使うからエコ。暖をとるには寂しいが、炎の揺らぎを楽しめる。

何より携行性がよく、自然の奥に入っていける。未知の世界を楽しめるのは、ネイチャーストーブなのだ。

スタッキングが課題

スカウトは、ボックス形状で折りたためない。バックパック内で嵩張らないようにスタッキングしたい。

出典:FIREBOX

丸型だったらクッカーに入れやすいが、スカウトは四角形。スカウトを1つの収納BOXとみなして、焚き火ギアを入れるのも考えたが、煤で汚れる。

シンプルな作りだが、スタッキングに苦労しそう。

コメント