パセコ・アルパカどう違う!?対流形石油ストーブ「比較」

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

ん!?パセコとアルパカ似ているけど、どう違うのだろうか。調べてみた結果、パセコの方がいい!

スポンサーリンク

パセコはどんな会社?

PASECOは1974年に設立されたストーブ用の芯製造工場に端を発する韓国の老舗メーカーです。1999年に会社名を“PASECO”に変更し、コスダック(KOSDAQ)へ上場、現在では年間100万台以上の暖房器具を輸出する企業です。

引用元:PASECO
出典:PASECO

パセコは、韓国の老舗暖房器具メーカー。アジアやヨーロッパなど世界中に製品を輸出している。

アルパカはどんな会社?

アルパカは、1968年創業の韓国の老舗石油ストーブメーカー。50カ国以上に輸出している。

出典:Alpaca

パセコ、アルパカどちらも韓国の老舗ストーブメーカーであり、信頼性が高い。

デザインはパセコが好き

パセコとニューアルパカのデザインを見てみよう。まずは、パセコ。

出典:PASECO

レトロでおしゃれなデザイン。燃焼筒をガードで囲っているが、下部にはないので、シンプルでスッキリしている。

次に、ニューアルパカを見てみよう。

出典:Alpaca

こちらもレトロな外観。パセコよりも少しボテッとした印象を受ける。

パセコの方が、スッキリしていて好み。ツマミもシンプルでGOOD。デザインで選ぶならパセコだな。

パセコの方が燃焼時間が長い

パセコ、アルパカのスペック上の違いはあるのだろうか。比べてみると、結構違う。

品名サイズタンク容量出力燃料消費量燃焼時間点火方式重さ
パセコWKH-3100GΦ325×H466mm5.3L3.0kW/h0.295L/h約18時間手動5.3kg
ニューアルパカTS-77JS-CΦ350×H405mm3.7L3.0kW/h0.293L/h約10時間手動6.6kg
【パセコとアルパカ スペックの比較】
【パセコとアルパカの違い】
  • サイズは、パセコの方が約6cm高い。
  • タンク容量は、パセコの方が1.6L多い。
  • 出力は同じ。
  • 燃費は、ほぼ変わらない。
  • 燃焼時間は、パセコの方が約8時間長い。
  • 重さは、パセコの方が1.3kg軽い。

パセコの方が、やや大きくてタンク容量も多い。燃焼時間も長く、重量が軽い。パセコの方がいいな。

安全性の違い

海外製の灯油ストーブは、「安全性が不安だ」と言う人がいる。そこで、安全性について、両者を比較してみる。

品名保証期間JHIA認証安全装置
パセコ1年未取得対震自動消火装置
ニューアルパカ1年取得転倒消火装置
【パセコとアルパカ 安全性の比較】

一番の違いは、JHIA認証を受けているかどうか。JHIA認証は、ざっくり言うと、第三者機関が安全性を調べて認証する事。

出典:Alpaca

ニューアルパカは、日本の安全基準に合格しているので、安心して使える。パセコは、JHIA認証未取得のため、安全性に不安がある。

JHIA認証を受けているストーブというのは、心理的に安心できる。

僕は、パセコ派

では、どっちがいいのだろうか。僕は、パセコがいい。

出典:PASECO

アルパカよりもデザインがシンプルで好きだ。タンク容量が大きいので、小まめに油を足さなくてもいい。

そして、コスパがいい!JHIA認証を取得していないが、老舗メーカーであり、世界中に輸出しているので信頼していいと思う。

僕は、パセコ派だ!

コメント