何入れる?【セリア・メッシュクッカーケースが想定外に使える】

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

予想以上に、いろんなクッカーが入る!これは買いだ!

スポンサーリンク

メッシュクッカーケースのスペック

クッカーの袋を100円ショップで探している人が多いはず。でも、重くてちょうどいいサイズがない。

セリアのメッシュクッカーケースは、「100円のクッカーケースを探している人」にぴったりだ。

【メッシュクッカーケースのスペック】
  • 本体サイズ:Φ15×H16cm
  • 内部サイズ:Φ14×H15cm
  • 重量:26g
  • 材質:ポリエステル/塩化ビニル樹脂

本体サイズは、ソロキャンプのクッカーを入れるのにちょうど良い。重量は、ジップを使っておらず、メッシュ生地なので軽量だ。

K15
K15

欲を言えば、底部の生地をもう少し薄くして軽量化をして欲しい。オールメッシュタイプもあれば更に人気となりそう。

100円でクッカーケースを購入できるのはありがたい!

ソロ用のクッカーなら大抵入る

メッシュクッカーケースには、どんなクッカーが入るのだろうか。結論からいえば、ソロキャンプで使うクッカーの大半が入る。

まずは、直火ケトルとして大人気なGSIグレイシャーステンレスケトルを入れてみる。

クッカーケースにぴったり入った。ケトルは、収納袋が付属されていないことがある。ケトルの収納袋としても使える点は非常に嬉しい。

ソロキャンパーに絶大な人気を誇るDUG焚火缶。Sサイズを入れてみる。

ちょうどいいサイズ感。DUG焚火缶に付属されている袋は大きいので、メッシュクッカーケースを使うことにした。

Mサイズはギリギリ入るが、ハンドルが邪魔で、うまく収納できない。

次に、海外のブッシュクラフターからも支持されているゼブラ ビリー缶。僕は、12cmを愛用している。

これもちょうどいい。「セリアのメッシュクッカーケースって万能だな。」

次に、エバニュー ウルトラライトパン16cm。

ギリギリだけど入った。メッシュクッカーケースの直径は15cmだが、直径16cmのフライパンが入る。

メッシュクッカーケースは、ソロキャンプで使うクッカーの大半が入るので、万能に扱える!

使って気づいたGOODポイント

ジップタイプではなく、メッシュタイプを選んでよかった。高さの低いクッカーを入れても嵩張らないからだ。

メッシュタイプなら簡単にペシャンコになるので、余分なスペースが生まれない。バックパックの中に入れても嵩張らないところが気に入った!

まとめ

セリアのメッシュクッカーケースを買って良かった。僕が持っているクッカーやケトルをぴったりに収納できる。

クッカーの高さが低くても大丈夫。上部がメッシュになっているので、押しつぶして体積を減らせる(嵩張らない)。

キャンプに限らず、登山をする人にもオススメできる!

コメント