マーグズ焚き火陣幕NOMAD「やっぱり軽量コンパクトが良いよね」

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

キャンプするなら、荷物の軽量化をオススメする。特に陣幕は、キャンプに必須ではない。余分な荷物を少しでも軽量コンパクトにしたい!

スポンサーリンク

陣幕は軽量コンパクトがいい

僕は、クイックキャンプの焚火陣幕homuraを持っている。コットンの生地と、アイアンの雰囲気がいい。

しかし、残念ながら重くて嵩張る。荷物が多くなると、持ち運びと片付けに苦労する。だから、余計な荷物は、家に置いていくことが多い。

せっかく買った焚火陣幕homuraも一回使ったきりでお留守番となっている。

陣幕は余計な荷物。軽量コンパクトなもので負荷を軽減したい。そこで、注目するのがマーグズの焚き火陣幕NOMADだ!

マーグズ・焚き火陣幕NOMADの特徴

焚き火陣幕NOMADは、荷物を軽くしたいソロキャンパーの為の陣幕。重量は、わずか386g(3つのパネル使用時)。

出典:MAAGZ

収納サイズも小さいので持ち運びに便利だ。

出典:MAAGZ

気になる素材だが、生地には「ALBERTON ARMY DUCK」を使用している。と言われても、初めて聞く生地でよくわからないという人が多いはず。

出典:MAAGZ

この生地は、ワークウエアによく使われているダック生地で、耐久性があり、熱に強い。ダック生地の有名なワークウエアといえばカーハート!

K15
K15

僕は、ダック生地の風合いが好き。焚き火陣幕NOMADも雰囲気がいいね!

ポールは、軽量なアルミニウム合金。※ランタンハンガーは別売り

出典:MAAGZ

3つのパネルは、ジッパーにて連結されている。さらにパネルを追加して、拡張できる。

展開サイズ収納サイズ重量生地ポール価額
W1020×H350mmΦ63×H360mm386g(付属品込み)ALBERTON ARMY DUCK(帆布)アルミニウム合金14,300円(税込)
【焚き火陣幕ノマドのスペック】

この陣幕のデメリット

焚き火陣幕NOMADは、小型なので体へ吹きつける風を防止できない。

出典:MAAGZ

しかし、レインウエアを着れば風を防げる。むしろ、陣幕外に移動しても風を防げるので、レインウエアの方がいい。

K15が思うGOODポイント

僕が「いいな」と思ったところは、3つある。まず、1つはミニマルな陣幕になること。ガスバーナーは風に弱いので、風防があった方が料理がしやすい。

出典:MAAGZ

焚き火陣幕NOMADのサイドパネルを繋ぎ合わせると、ガスバーナーの風防にぴったりな陣幕になる。

2つ目は、簡単設営、簡単撤収なところ。構造がシンプルなので、簡単に設営ができる。撤収時は、ポールをつけたまま、クルクル巻いて収納できるので楽だ。

出典:MAAGZ

3つ目は、軽量コンパクトなところ。荷物を軽量化していくと、サクッと身軽にキャンプができる。チタンの焚き火台と合わせれば、かなりの軽量化になる。

最後に

余分な荷物は、軽量化していこう。陣幕もマーグズ焚き火陣幕NOMADで軽量化。

その他のブランドと比べても最軽量級。ソロキャンパーの気持ちをしっかり捉えた陣幕に注目だ!

コメント