エバニュー・ニクツカム「小さな相棒で料理が楽しくなる」

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

エバニューのニクツカム(NICKTSUCAM)を購入。生肉料理の食中毒防止目的で買ったが、予想以上によかった!

スポンサーリンク

エバニュー・ニクツカムで食中毒防止

エバニューの新作カタログを見ていて、ニクツカムが気になっていた。でも「小さくて頼りないのかな」と思っていた。

ソロキャンプで肉料理をしている時は、割り箸を使って炒めている。食事用の箸を使ってしまうと、食中毒になるリスクがあるからだ。

生肉に触れた割り箸は、ゴミになる(焚き火をしている時は燃料として使う)。それに、炒める用の割り箸を忘れてしまうことが多い。

そこで、軽量でコンパクトなトングを探す。でも、エバニュー以外にしっくりくる物がない。

食中毒防止に買ったニクツカム。料理が楽しくなるよ!

小さいのにしっかり掴める

さて、ニクツカムを使って「若鶏の夏野菜炒め」を作ってみよう。

ニクツカムは、小さいのに肉が掴みやすい。ジップロックに入れておいた生肉もサクッと持てる。

反発力もあり、使用時のストレスを感じない。肉をひっくり返すのが、いつもより楽しく感じる。こんがり焼けた鳥もも肉がうまそうだ。

しかしコンパクトなので、油が跳ねると手に当たってしまう。食材の水分が多いと、油が跳ねやすいので注意したい。

そうこうしていると、若鶏の夏野菜炒めが完成。うますぎて、5分で食べあげてしまった!

ネイチャーストーブの薪掴みに使える

ニクツカムは、ステンレスであり熱に強い。なので、ピコグリル85ファイヤーボックスなどのネイチャーストーブを使う時にも活躍する。

ネイチャーストーブは、小さな枝を燃料としている。ニクツカムで掴めるサイズなので、簡易火バサミとしても使える。

K15
K15

つい、燃えた枝を耐熱グローブで摘んでしまうが、ニクツカムを使えばグローブを痛めることがない。

これからはいつも持ち歩く

生肉を料理する際の食中毒防止に買ったニクツカム。予想以上に肉が掴みやすく、料理をしていて楽しくなった。

それに、ネイチャーストーブの簡易火バサミとしても使えるのも有難い。小さな相棒が頼りになる!

コメント