ダイソー23gの袋【キャンプブロガーが多目的に使う】

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

家計とキャンパーに優しいダイソー(100均)。今回は、23gのエコバッグを買って、多目的に扱ってみた!

スポンサーリンク

ゴミ入れとして使う

キャンプでは、なるべくゴミを出さないように準備をしているが、どうしても出てしまう。みなさんは、ゴミの処理をどうしているだろうか。

ゴミの処理は、ビニール袋という人も多いはず。しかし、ビニール袋は破れやすい。

そこで、スタッフサックやジップロックに入れたりする。今回買ったダイソーのエコバックもゴミ袋になる。

開口部を簡単に縛ることができるので便利だ。

しかし、防水ではないので液漏れに注意しよう。液漏れの心配があるゴミは、ジップロックに入れよう。

汗だくになった着替えを入れる

ダイソーの袋は、使い終わった衣類を入れるのに便利。予備の衣類と同じ袋に入れると臭いがついてしまうからだ。

予備の衣類は、濡れると使えないので、別の防水ドライサックへ収納しておこう。

温泉用具を持ち歩く

キャンプ場やその付近には、温泉があることも。

ダイソーの袋は手提げなので、着替えや温泉用具を持ち運ぶのに便利。

わずか23gなので、キャンプに持って行っても荷物にならない。

小物入れとして吊り下げる

カラビナを使えば、ロープやデイジーチェーンに吊り下げることができる。

無くしやすいものやテントやタープなどの収納袋を入れておくのもあり。

コメント