【ミニマルワークス・シェルターG】韓国の口コミを先取り

こんにちは、K15です!(@k15life)

売れる気配満載のミニマルワークスのシェルターG。すでに韓国では、人気のシェルターとなっている。これがついに日本へ輸出される。

K15
K15

どれくらいの人数で使えるのか、スカートはないけど冬は大丈夫なのか、どのように蚊帳やウレタン(TPU)を取り付けるのか、韓国での口コミを参考に見てこう。

スポンサーリンク

ミニマルワークス シェルターG(MINIMAL WORKS Shelter G)の特徴

出典:facebook

まず、ザックリとシェルターGの特徴を見ていこう。シェルターGは、メインポール2本、サブポール2本から構成されるシェルター。クロスフレームなので、耐風性が高い。

生地は、40Dのリップストップナイロン。高強度で軽い。カラーはタンとオリーブ。オリーブのカラーが素敵という声が多い。

出典:facebook

ベンチレーションは、サイドに4つある。上部にはTPUルーフがあり、外気に影響されず外の景色を楽しむことができる。(このギミックが人気だね)

天井高は170cm。スカートはない。韓国でも賛否が分かれる所。

メッシュパネルとTPUパネルが別売りで販売される。メッシュパネルは、虫のいる季節に活躍する。TPUパネルは、テント内の暖気を逃さず、外の景色を楽しめる。暑い時期は、メッシュパネル。寒い時期は、TPUパネルが良いね。

使用人数は2〜4人くらいが目安

出典:facebook

テントのサイズは、350×300×H170cm。数字だけではイメージができない。韓国での口コミを参考にしてみよう。

サイズ感としては、大人2人でゆったり過ごせる。泊まるのであれば、コットを2つ置いて、テーブル、チェアを配置する。ゆったり過ごすには、大人2人が良い。

出典:facebook

口コミによると、大人2人、子供2人の4人家族で使うには、寝る時にテーブルやチェアを端に寄せれば寝られる。狭いと感じればタープを併用すれば良い。(荷物の量は人それぞれなので参考までに)

高さが170cmしかないのが残念、といった口コミを見かけた。僕の身長は、175cmなので首を曲げないといけない。とはいえ、座っている事が多いと思うので、十分な高さではなかろうか。最小(ミニマル)で最大限楽しもう。

スカートなしでも地面との隙間が少ない

出典:facebook

スカートはないが、雪の中でキャンプしている動画があった。どうやらポールは差し込み式で、地面との隙間が少ないらしい。

出典:facebook

TPUパネルを取り付ければ、テントの中で暖をとりながら、雪で真っ白に染まった冬景色を見る事が出来る。ストーブを持ち込んでいる人もいるが、酸欠や火災に気をつけよう。

ジッパーでメッシュパネルとTPUパネルの取り付けが出来る

出典:ocamp.co

別売りのメッシュパネルやTPUパネルは、ジッパーで簡単に取り付けることができる。サイドのポケットには、フライシートが入れられるので便利だ。

ちなみに、シェルターGの収納袋には余裕があり、メッシュパネルが2つ、TPUパネルが1つ入るようだ。

最後に

出典:facebook

オプションで後から必要なものを付け足していく仕組みがいい。デッドスペースがない構造もいいな。天井窓から景色を眺めて、何も考えずに昼寝したいね。

シェルターGより広さと高さが欲しい人は、ミニマルワークスから大型ドームテントが発売されている。予算があればマンゴーステーションもチェックしておきたい。

コメント