【ノースフェイス・エバベース6】おすすめする5つの理由!

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

僕がおすすめしたいツールームテントは、ノースフェイスのエバベース6とエバカーゴの組み合わせ!ズバリ、おすすめする理由は5つある!

スポンサーリンク

エバベース6、エバカーゴ2ってなんだ!?

出典:goldwin

そもそもエバベース6やエバカーゴ2、エバカーゴ4って何なのかわからない人がいるかもしれない。簡単に言うと、エバベース6というシェルターテントにエバカーゴ2やエバカーゴ4というテントを接続し、ツールームテントとして使えるもの。

エバベース6をリビングとして、エバカーゴを寝室として使える。数字は収容人数を表しており、それぞれ単体でテントとして使える。

品名重さ展開サイズ収納サイズポールの数インナーテントフライシート素材耐水圧収容人数
エバベース6約9.55kg305×305×H206cm74×30cm5有り75DポリエステルタフタPUコーティング2,000mm6
エバカーゴ2約3.76kg213×127×H118cm64×20cm2有り75DポリエステルタフタPUコーティング2,000mm2
エバカーゴ4約5.05kg234×229×H174cm64×25cm2有り75DポリエステルタフタPUコーティング2,000mm4

エバベース6はテントであり、タープでもある

出典:goldwin

エバベース6は、多機能で面白い。付属のインナーテントを吊るせば、大人6人が寝られるテントとなる。エバベースを寝室として、リビングを開放的なタープとしても良い。

出典:goldwin

エバベースは、タープとして使う方法もある。いわゆるリビングとして使うので、家族や仲間が集まる所になる。高さは2m程あるので、立って移動でき腰が痛くなりにくい。ただし蚊帳がついていないのは残念である。

日除けしながら作業ができる

コールマン タフスクリーン

コールマンのタフスクリーンなどのツールームテントが人気。これ1つでリビングと寝室が得られる。しかし、フライが大きく設営が意外と大変。使い始めの時はどっちが前だ?となることもある。

出典:goldwin

一方で、エバベースをツールームテントとして使う場合は、エバカーゴ2やエバカーゴ4を接続する。分割して建てられるので建てやすい。まず、エバベース6を建てよう。エバベース6の下でエバカーゴのポールを組み立てるなどの作業をすれば、日差しを避ける事ができる。

キャンプでは、まずタープを建ててタープ下で日差しを避けながら作業をする事が望ましい。エバベース6はタープとしても使えるので、日除けをしながら作業をする事が出来る。

寝室の場所を変えられる

出典:goldwin

エバカーゴ2は、小さな出入り口2箇所に、エバカーゴ4は大きな出入り口2箇所に接続する。それぞれ好きな所に寝室をつけられるというのも魅力的。

寝室の広さを変えられる

出典:goldwin

感覚的にはエバカーゴ2には大人1人、エバカーゴ4には大人3人で寝るのがちょうどいいらしい。(口コミを参考)

仲間とグルキャンする場合など寝室が足りない時は、エバカーゴを付け足せば良い。エバカーゴ2は、子供の秘密基地として使ったりするのも楽しそうだ。テントの接続は、ベルクロで簡単に取り付けられるぞ!

エバカーゴ2、エバカーゴ4は単体でも使える

出典:goldwin

朗報がある。ドッキングステーションの時は、寝室(エバカーゴ)が単体で使えなかった。しかし、新作のエバカーゴは単体でテントとして使える。

例えばエバカーゴ2なら、ソロで使うのも良い。キャノピーポールで跳ね上げられるので日除けができる。

家族で使う場合は、エバベースに接続してツールームテントとして使う。そして、ソロキャンプを楽しむ時は、エバカーゴで遊ぶ。無駄のない使い方ができるのは嬉しいね。

コメント