【過ごしやすいタープティピーの張り方】DDタープでも使えるぞ!

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

ブッシュクラフトincのオリガミタープで紹介されている張り方「タープティピー」。過ごしやすくて、張り姿がカッコイイ。本記事では、タープティピーの張り方をわかりやすく説明していく。参考になるように頑張るので、最後まで見てね!

スポンサーリンク

タープティピーの特徴

設営が簡単で、耐候性が高いワンポールテントが人気だ。これはタープでも可能。フルクローズではないが、程よい開放感が楽しめる。ティピー型なので高さがあり、開口部では、焚き火やウッドクラフトなどの作業がしやすい。マットを敷き横になりがら焚き火を眺めるといった最高の時間を得る事ができる。

オリガミタープでは、ループ数が25個あり、居住性が高いタープティピーを張ることができる。しかし、ループが16個のDDタープやアクアクエストタープでも張る事が出来る。大人が2人寝られる居住空間があるので、ソロであればゆったり過ごせる。

開口部に近い所で寝る際は、雨が入り込む恐れがあり注意が必要。三角のグランドシート部で寝れば、雨風の影響を受けにくい。

タープを折り、ロープで固定

さて、早速タープティピーの張り方を紹介していく。使うタープは、アクアクエストタープ。DDタープと同じ所にループがあるので、DDユーザーも参考になるはず。まず、タープを三角形に折る。赤丸箇所を中央のループに重ねる。

赤丸箇所それぞれには、重なったループがあるはず。その2つあるループをロープ(張り綱)で接続する。ちなみに黄色の丸がタープティピーの頂点になる。

ロープを取り付ける際は、引き解け式のエバンスノットで結ぶと簡単に撤収出来る。

四隅にペグダウン

赤丸箇所をペグダウン。重なっている上のタープのみをペグダウンする事。ペグダウンする際は、後で微調整するので仮固定でいい。

長方形になるように広げ、反対側(赤丸箇所)をペグダウン。三角形になっている部分は、グランドシートとして折り込む所。

ポールを立ち上げ、ロープを張る

180cm程のポールを準備する。今回は落ちている枝を使用する。枝の先端には、手袋を被せてタープに負荷がかからないように養生をする。

ポールをタープティピーの頂点に合うように入れる。

中から見た図。ポールでしっかり支える事が出来ている。

次に前後のロープにテンションをかけていく。後方は、木を使用して引っ張ると居住性がよくなる。

グランドシート部分を中に入れ込む。

入れ込んだグランドシートは、ポール下部で固定する。

ペグの位置とロープの張りを微調整すれば完成

ペグの位置、ロープの張りを微調整していく。

緩んでいる所がないかチェックしていこう。折り返していないタープ側から見ると違った印象を受けるな。

よし、左右均等にテンションがかかり綺麗に張れている。これで完成としよう!

最後に

オリガミタープの場合は、左右にループがあるので、ロープで引っ張り居住性を高める事が出来る。

しかし、前述の箇所にループがなくとも過ごしやすい。高さがあり、腰が痛くなりにくいし、大好きな焚き火もしやすい。それに、張り姿がカッコ良くて、野営が楽しくなる。タープティピーをまだ試した事がない人は、是非トライして欲しい。

ペグ6本、ポール1本、ロープ2本があれば、簡単に張る事が出来るぞ!

コメント