【ワークマン防水フェストブーツ】買えて感動!使って残念!?

こんにちは、K15です!(@k15life)

友人とワークマンに行くと、話題になっている防水フェストブーツが陳列されていた。

K15
K15

わ、歩きやすい。コンパクト収納だから、持ち運びに便利。よし、今日は雨だからこれを履いてキャンプに行こう!

雨の中、防水フェストブーツをランクル60の荷台に乗せ、友人と一緒にキャンプに出かけた!

スポンサーリンク

キャンプ編!悪路でも活躍するのか?

現地に着くと、ポツポツと小雨が降っている。防水フェストブーツのデビューにふさわしい日だ。早速、履き替えて、いざ出発。沢や山を軽く登って、タープ泊をするぞ。

山では、滑りやすく挫きやすい

山を登る途中には、岩や傾斜がある。岩は雨で濡れており、滑らないように慎重に歩く。しかし防水フェストブーツは滑りやすかった。何度か、滑って挫いてしまいそうな場面があった。

雨で緩くなった土も滑りやすい。

靴底はこんな感じ。山で使う事を考えれば、もう少しグリップ力が欲しい。

整備されたキャンプ場での使用は問題ない

滑りやすいと前述したが、キャンプ場で使う分には申し分なし。平地でのアスファルトやコンクリート、芝、土の上では、問題なく使える。むしろ、動きやすくてちょうど良い。車に積んでいれば、雨が降った時に、サッと取り出して対応できる。設営、撤収時に活躍する事間違いなし。

長靴を使うと、服が汚れにくい所も良い!

タケノコ掘り編!作業はしやすいのか?

春になれば、僕の大好物であるタケノコが出てくる。そういえば、防水フェストブーツを車に積んでいた。タケノコを掘る時にも使えるか、試してみよう!

曲げやすくて、作業がしやすい

足裏に地面の感覚が少し伝わる。靴底はもっと薄い方が隠れているタケノコを探しやすいが、僕は目で探すタイプ。

地面の異変に気付く。我が領土がイノシシに荒らされている。

タケノコの皮が綺麗に剥かれて、食べられている。イノシシの仕掛けを作ろうと本気で思った。でも捌けない…。

イノシシには負けてられない。目を使って、必死に探した。

「ん、地面が盛り上がっている。これは、もしかして…。」

可愛いタケノコが顔を出していた。

踏ん張ってタケノコを掘る。通常の長靴よりも動きやすい。

可愛いタケノコだったので、すぐに掘る事が出来た。煮付けにしたタケノコがすごく美味しくて、次々に頬張った。(次の日下痢になったのは、よく噛まずに食べたせいかな)

これは一体何の記事なのか、と言われてしまいそうなので、本題に戻ろう。防水フェストブーツは、足を曲げやすいのが良い。ガーデニングや洗車などにも活躍するだろう。ただし、前述したようにもう少しグリップ力が欲しい。

汚れが楽に落とせる

タケノコ掘りで、防水フェストブーツが汚れてしまった。しかし長靴なので、簡単に汚れが落ちる。水をシャーっと流し、ブラシでゴシゴシすれば簡単に綺麗になる。防水フェストブーツの口コミを見てみると、「内部にしみてきた。数回の使用で裂けてしまった」とある。

使用回数は少ないものの、ハードに使ってみた結果、内部がしみたり、避けるような事がなかった。今後の耐久性が気になる所。

サイズ感!27.5cmならLL

僕の足のサイズは27.5cm。LLでちょうど良かった。友人の足のサイズは25.5cm。Mサイズでちょうど良かった。

ワークマンオンラインショップで買う際の参考になれば嬉しい!

最後に

山で使うには滑りやすいが、コスパが良いので一つ持っていると便利。折り畳めるので、車に置いていても場所をとらない。洗車やガーデニングなどの軽作業に、釣りや磯遊びに、活躍する機会が多い。

コンパクト収納で動きやすい長靴、防水フェストブーツは使えるぞ!

コメント