【徹底比較】ブッシュクラフトにおすすめできるノコギリを厳選

こんにちは、K15です!(@k15life)

「キャンプやブッシュクラフトで使いやすいノコギリを探している」

K15
K15

本記事では、僕が実際に使って良かったと思うノコギリを厳選し紹介する。今まさにノコギリを探している人へ向けた記事。ノコギリを使って、キャンプやブッシュクラフトが楽しくなれば、とても嬉しい!

スポンサーリンク

人気なノコギリは折り込み式の日本製!

キャンプやブッシュクラフトで人気なノコギリは、携行性が良い折り込み式のモデル。海外のブッシュクラフター達も愛用している。日本では、bushcraftincの相馬さんやスズキサトルさん等が使っている。

和式のノコギリは、引き切りとなっているので刃がたわみ難い。その為、薄くて抵抗が少なく切りやすい。代表的なメーカーは、シルキーや神沢精工。シルキーでは、ポケットボーイやゴムボーイが人気。神沢精工では、サムライ騎士が人気。

そういえば、海外の通販サイトで代表的な折り込み式ノコギリ「シルキー」が販売されているのを見かけた。日本よりも高い価額で売られている。日本では、シルキーのノコギリが安く買えるので、日本人で良かったと思っている。

ブッシュクラフトでは、自分自身と自然を深く感じたいと思う人が楽しんでいると思う。自分自身で言えば、知識を使って知恵や工夫をして創造していく、というプロセスが楽しい。忙しい毎日では、五感が鈍くなる。目は、パソコンやスマホを見ている。舌に乗せらた美味しいご飯は、ネットニュースを見ながら食べる事で嫌な味になってしまう。

「長生きするようになったが、長らく今を生きていない」

今この瞬間に吹く風、香り、音、味、空の色を感じ取ると、とても気持ちが良かったりする。自然を深く感じるという事は、今この瞬間の自分を感じているように思える。

さて、自然と自分自身を深く感じたいとなれば、荷物は最小限に抑えたい。自分の足で運べる荷物を持っていきたい。そう考えると、ノコギリは折り込み式のコンパクトなものが良い。

つまり、ブッシュクラフトをするなら折り込み式のノコギリがおすすめだ!

様々なノコギリの使用レビュー

僕がこれまでに使ってきたノコギリを紹介する。忖度なし、リアルガチな比較を行っていく。

ホームセンターで手軽に買える!SKⅡ刃渡り120mm

キャンプを始めた頃の僕は、とにかく携行性が良いノコギリを探していた。ホームセンターに行ってみると、超コンパクトな折り込み式のノコギリがある。
「価額も安いし、日本製だし、買ってみよう」「細かい枝なら難なく切れる。クラフトにもちょうど良いな」と思っていたのが、使っているうちに物足りないと思うようになる。

僕のキャンプスタイルが変わってきたからだ。直火を楽しみたい、ファイヤーリフレクターを作りたい、ポールを自作したい、荷物を少なくして、現地の木を活用したいと思うようになる。

そうなると、SKⅡの刃渡り120mmサイズでは頼りない。こうして別のノコギリを買う事になる。

総評して、SKⅡは細かな枝をサクッと切りたい時に活躍する。コスパが良いが、切れ味が劣ってくるのが早い気がする。ブッシュクラフトとなると、120mmサイズでは頼りない。

見た目の無骨さと切断能力の高さが光るバーコ バックソー

海外のワイルドな男達がバックソーでザクザク丸太を切っている姿に憧れる。バックソーの「Buck」は「Bucking(玉切り)」に由来する。これは、太い丸太を適度な長さに切断する為のもの。

バックソーは、ブレードがあれば現地の木を使って自作できる。しかし、製作に手間がかかる。それなら、あらかじめ作っておこうと思い、角材を買ってきてフレームを自作した。

「丸太がザクザク切れる!最高!」それに所有欲を満たしてくれる。フレームを自作する楽しさもある。今でも大量に丸太を切る時には、バックソーを使っている。欠点は、細かな作業が苦手な事と嵩張ってしまうので持ち運びに不便な事。

総評して、丸太をザクザク切れるが、細かな作業には向かないので万能でない。

携行性が良く人気なコニファーコーン バタフライソー

こちらもソロキャンパーに人気があるノコギリ。ハンドルは、新しい形の折り込み式となっている。コンパクトで軽量、デザインもカッコイイ。デザインと携行性に惹かれて買ってみた。

「刃がたわむので使いにくいし、力が入れにくい」そう感じて、使わなくなった。和式ノコギリは引く時に力を入れるとスムーズに切れるが、バタフライソーでは力を込めにくい。ストロークがもう少し長い方が使いやすいと思う。

総評すると、人気なノコギリだが、僕には合わなかった。折り込み式なら、別のメーカーが良い。

無骨なかっこよさ!フェデカ ブッシュクラフトソー

人と被りにくい無骨なノコギリを使ってみたい。そう思って買ったのが、フェデカのブッシュクラフトソー。

「カッコイイし、フレームが説明通り頑丈だ。早く使ってみたい」鼻息を荒くしながら週末を待っていた。
「フニャフニャ曲がらず、真っ直ぐ切れる。でも持ち運びに不便だな」持ち運びに不便という事を覚悟していたが、やはり嵩張ってしまう。

車での移動なら、ブッシュクラフトソーは有り。荷物を最小限に抑えたい人向きではない。

世界で評価されている!シルキー ポケットボーイ170

定番だからと敬遠していたけど、定番だから良いのでは、と自分に言い聞かせ、シルキーポケットボーイ170を購入。やはりシルキーが王者だった。携行性、利便性、切断能力、僕の要望を全て満たしてくれる。

「あなたに出会えて良かった」物にこんな感情を抱くのは、CB(バイク)以来だ。これ1つあれば、クラフトから細めの丸太まで切れる。

人気なのは、携行性に優れたポケットボーイとそれよりも太めの丸太を切断することができるゴムボーイ。僕は、ポケットボーイ170をチョイス。今のスタイルでは、この刃渡りがちょうど良い。

おすすめの一本は、シルキーポケットボーイ170

これまで使ってきたノコギリの中で、一番バランスが良く、使いやすいのがシルキーのポケットボーイ170だ。折り込み式なので、嵩張らず荷物を最小限に抑える事ができる。切れ味は鋭く、あらゆる木を切断する。それにシンプルでカッコイイ。

ブッシュクラフトにおすすめできるノコギリはシルキーだ!

今後使ってみたいノコギリは、神沢精工のサムライやアルスコーポレーションGR-17等がある。こちらも使う機会があれば追記したいと思う。とにかくシルキーは、自信を持っておすすめできる!

コメント