パンダTCプラスに合わせたいおすすめのキャンプギア!

こんにちは、K15です。

K15
K15

パンダTCはソロキャンパーに大人気なワンポールテントだ。パンダTCプラスのユーザーの為だけにおすすめのギアを紹介する。

スポンサーリンク

薪ストーブ編

パンダTCプラスはダブルファスナーの為、薪ストーブを楽しむユーザーもいる。焚き火とは違った趣がそこにはある。ここでは2つの薪ストーブを紹介しよう。

winnerwell ノマドビューS

【朗報】ソロ向けwinnerwell薪ストーブSサイズが発売!
大人気のwinnerwell薪ストーブ。鉄のスペシャリスト集団が、ついにソロ向けのSサイズを発売します。テンマクデザインからも、ソロ向けSサイズ薪ストーブの発売が公表されました。ソロキャンパーが多いので、ニーズがありそうです。

薪ストーブならwinnerwellが良い。僕がMサイズを実際に使っていて、そう感じている。テンマクからもwinnerwell社のウッドストーブSが販売されているが、サイドに窓が無く炎の揺らぎが正面でしか見れない。一方でwinnerwellノマドビューSには大きな窓がサイドについている。

K15
K15

サイドビューがある方が断然人気。しかし窓ガラスが大きい為、割れないように注意が必要。

ワークタフストーブ

「話題のワークタフストーブ」VS「winnerwell 」
ワークタフストーブが発売され、キャンプ好きから注目されています。さて、ワークタフストーブの紹介を行っていきますが、超人気なwinnerwellとの比較をしていきます。果たしてワークタフストーブは買いなのか。当ブログで検証していきます。

ワークタフストーブを手がけるのは台湾のメーカー。洗練されたデザインにうっとりする。脚が長いので、winnerwellより目線を下げずに炎の揺らぎを楽しめる。

K15
K15

winnerwellの方が人気なようだが、ワークタフストーブも面白いと思う。

焚き火編

パンダTCプラスの前で美味しい焚き火料理を楽しみたい。そんなソロキャンパーに旬な焚き火台を紹介する。

ベルモント tabi

爆速レビュー!ベルモントtabi良かった点・微妙な点
ついに予約していたベルモントtabi焚き火台が着弾。これからベルモントtabiを購入する方向けに、使って気付いた良い所と微妙な所を紹介する。バックパックでソロキャンプをする僕にとって非常に頼もしい相棒が出来たことは間違いない。

ベルモントtabiは約423gという超軽量な焚き火台。しかし安定度は高く、調理もしやすい。大きな薪もガンガン燃やせるので、非常に使い勝手の良い焚き火台となっている。

K15
K15

ソロキャンパーは、これ一つ持っておけば他の焚き火台はいらない。とは言っても、次々と出てくる魅力的な焚き火台に心を奪われ、ついついポチってしまう。

スノーピーク 焚き火台SR

2020年スノーピークのカタログで思わず唸ってしまった製品がある。それが焚き火台SR。何と言ってもフォルムが美しい。想像して欲しい。パンダTCプラスの前にスノーピーク焚き火台SRがある。それだけで映える。

K15
K15

焚き火台SRの形状なら焚き火料理もしやすいだろう。

焚き火陣幕

「焚き火陣幕」キャンプで流行の兆し!各社を総チェック
焚き火はキャンプの醍醐味。焚き火台は皆が持っている。各メーカーは、焚き火がより楽しめるような商品を展開してきました。それが焚き火陣幕だ。風を避けて、暖をとり、お気に入りの焚火ギアで料理する。なんとも贅沢な空間です。さて、各社の商品を見ていきましょう。

焚き火陣幕が流行の兆しだ。焚火陣幕があれば最高の焚き火コクピットになるだろう。風を避け、暖をとり、揺らぐ炎を独占的に眺めることができる。ドラマーがドラムの前に座って心が高鳴ると同様に、キャンパーは焚き火陣幕の前に座って心が高鳴る。

K15
K15

僕は風が嫌い。バイクでのツーリングやキャンプで何度嫌な事をされたか。アウトドアでは風をいかに防止するかが肝だ。

火吹き棒

「無骨キャンプにおすすめ」火吹き棒5選!
本ページは無骨な男に捧げる火吹き棒を紹介します。キャンプで何を楽しみますか。焚き火でしょ。それなら無骨な火吹き棒が要りますよね。無骨な火吹き棒出て来いや!!

パンダTCプラスを選ぶスタイルがあるような方は、火吹き棒にもこだわりたい。

K15
K15

僕は火吹き棒を竹で自作をしようと思っている。皆さんに披露できるクオリティーにしなければ…。

寝床編

出典:テンマク

パンダTCプラスは過ごしやすい居住空間が魅力的だ。お洒落に快適に過ごせるギアを紹介しよう。

タラスブルバ ウルトライージーコット

【ガチなレビュー】タラスブルバ製ウルトライージーコット!
以前、「タラスブルバのウルトライージーコットが間違いなくオススメ!」という記事を書きました。購入してないのに説得力がない、と思われていた方もいるかもしれません。そこで、ついに僕はウルトライージーコットを購入したんです。

パンダTCプラスには標準でスタンダードインナーが付属されているが、取り外してコット寝する方も多い。僕が使っているコットでおすすめの物がある。それがタラスブルバ製ウルトライージーコットだ。

K15
K15

生地はしっかりしていて、ピンっと張れるので寝心地が良い。寝返りがうちやすい大きさも良い!

エクスペド フレックスマットプラス

コット寝にしてもメッシュインナーで寝るにしてもマットは欠かせない。破損の心配が無いクローズドセルマットが人気。僕が使っているクローズドセルマットはサーマレストZライトソル。しかし、もっと良いものがエクスペドのフレックスマットプラスだ。

K15
K15

エクスペドのフレックスマットプラスは厚み、R値共にサーマレストZライトソルを上回る。つまり寝心地が良く断熱性が良い。

ウールブランケット

キャンプで使える「おしゃれ」ウールブランケット特集
こんにちは、K15です。変わりゆく自然環境の中で、キャンプを楽しむ為に必要なギアは防寒対策。ウールブランケットはキャンプを楽しむ皆さんの心強い味方になってくれるはず。今回は見た目も楽しめる「お洒落なウールブランケット」を紹介する。...

アウトドアフィールドでは常に気温が変わる。日中暖かくても夜は寒いなんて事も多い。そのため僕はブランケットを必ず持っていくようにしている。ウールブランケットなら吸湿性に優れ、火の粉に強く、暖かい。

K15
K15

ウールブランケットはコットに掛けても良いし、体に巻き付けて暖をとっても良い。一つあれば非常に便利。

タープ編

パンダTCプラス単体で使う人も多いと思うが、日差しが強い日はタープが欲しい。パンダTC用のタープは公式サイトに掲載されているので、ここでは紹介しない。ナイロン素材とTC素材のタープ2種類紹介していく。

アクアクエスト タープ

詳しくわかるアクアクエストタープの種類!
こんにちは、K15です。僕はアクアクエストのタープ「サファリ」を持っている。アクアクエストタープは4種類あるので、種類選びに結構時間を要した。そこで今回、わかりやすく4種類のタープを解説をしていく。K15更にDD...

SNSではパンダTCにDDタープを張っている方もチラホラ見かけるが、DDタープよりアクアクエストタープの方が強度が高い。僕は両方持っているが、アクアクエストタープの方が好き。タープ泊も出来るので、ソロキャンパーは楽しめるタープだ。

K15
K15

パンダTC自体が小さい幕なので、連結するなら大きめのサイズは選ばない方が良い。SNSで4m×4mを連結させていたのを見たが、バランスが悪かった。

タトンカ 2TC

タトンカのTCタープは非常に人気で評価も高い。パンダTCプラスにも合わせやすいサイズ感であり、TC生地なので風合いも良い。

K15
K15

テンマクから販売されているパンダ用のTCタープより、タトンカの方が好き。色んな幕にも応用出来る。

SOOMLOOM TCタープ

衝撃のコスパ!6970円のTCタープsoomloomを解説
アンダー1万円以下のTCタープがちらほら発売されていますが、今回僕が紹介するのは衝撃の6970円のTCタープです。コスパ重視する方におすすめなタープとなっています。更に12個のループまで付いている…これは驚異ですね。

SOOMLOOMのTCタープはとにかく安い。評価を見る限り縫製や品質には問題ないとの事。

K15
K15

人気なので、売り切れていることもよくある。

まとめ

パンダTCプラスに合いそうなおすすめのギアを挙げてきた。まだ他にもたくさんあったが、書ききれなかった。何か一つでも参考になった物があれば、僕は嬉しい。パンダTCプラスがあなたの心を豊かにするものになってくれたら嬉しい。

僕はもっと勉強して、皆さんにとって価値ある情報を提供できるように頑張る。

それでは読者の皆さん!

素敵なキャンプLIFEを!!

コメント