テンティピ オリヴィン2CPは買いか?ソロキャンプ好きが考察

 

こんにちは、K15です。

 

K15
K15

ついにあのテンティピがソロキャンパーをターゲットにしたポリコットンモデル、テンティピ オリヴィン2CPを発売。僕も非常に気になっているテントです。ソロキャンパーは買いなのか見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ファミリーテントより小さく、ソロテントより大きい

出典:pharus.net

テンティピ オリヴィン2CPはソロで贅沢に使っても良いですし、カップルや夫婦、子供とデュオで使っても良いでしょう。

 

出典:pharus.net

メーカー曰く、四人が座ってくつろげる広さがある、と言ってますが、座っている時点でくつろげていない気がします。二人までが実用的だと思いますね。似たようなサイズにテンマクのパンダTCがあります。パンダTCのサイズは2.7×2.7×1.7(H)mとなっています。サイズの参考になります。

 

テンティピ オリヴィンの詳細サイズを以下に紹介します。(CP)の表記がテンティピ オリヴィン2CPのサイズです。

サイズ:直径2.8m(インナーテント使った場合)、高さ1.7m
重量:6.0kg(CP)、1.9kg(Light)
パッキングサイズ:50x24cm(CP)、41x15cm(Light)
カラー:ベージュ(CP)、パープルブラウン(Light)
ファブリック:Cotpolmex C.(CP)、Traillix C.(Light)
付属品:アルミニウムペグ、コンプレッション機能付き収納バッグ、日本語レファレンスガイドなど

引用元:pharus.net

 

K15
K15

テンティピ5CPやサーカスTCだとソロでは大きく感じる事もあるかと思います。テンティピ オリヴィン2CPはソロで贅沢に、デュオで仲良くいけそうですね。僕は大きめのテントより断然コンパクト派です。あー欲しい。

 

煙突ポートが薪ストーブ好きを唸らせる

出典:pharus.net

テンティピ オリヴィン2CPは薪ストーブを楽しんでね、と言ってるかのように思えます。煙突のポートからモクモクと煙が上がる姿が容易に想像できます。各社がソロキャンプ用の薪ストーブを出してきています。それ程にソロキャンプでの薪ストーブのニーズが高いんですね。薪ストーブ使用時は十分に注意してください。火器養生と換気、連続ガス検知、寝る時は消しましょう。

 

K15
K15

カスタムせずとも薪ストーブを楽しめる点は、薪ストーブキャンプ好きには大きな利点だと言えます。冬は幕内の薪ストーブでお湯を沸かしてコーヒーを、考えるだけでヨダレが出てきます。

 

また冬場はポリエステルだと結露が激しいんですが、テンティピ オリヴィン2CPはポリコットンで通気性が良いので、ある程度は結露を防止してくれます。

 

設営が楽でサクッとキャンプができる

出典:pharus.net

ワンポールテントの利点は誰でも簡単にサクッと設営できる点。テンティピ オリヴィン2CPならテンプレートというペグを打ち込む際のガイドがあるので、便利ですね。

 

K15
K15

時間がない、しかしキャンプに行きたい、そんな時もテンティピ オリヴィン2CPは簡単に秘密基地となってくれます。快適な幕が数分でできる、これは大きな魅力だ。

 

結論

出典:pharus.net

テンティピ オリヴィン2CPは大きな魅力があります。ソロキャンパーが幕内でゆっくり過ごすには丁度いいサイズ感、薪ストーブが楽しめる、簡単設営、オールシーズン楽しめる、人とは被りにくい、テンティピを持っている満足感。山の中で、テンティピ オリヴィン2CPを張り、ゆったり自然を楽しむ、そんな事を想像するとワクワクが止まらない。

つまり値段の高さを許容できれば買いだ!!(初めから分かっていた事だが…)

 

K15
K15

さて、準備は整った、後は妻を説得するのみ。これが一番の壁だ。これが手強い。これを乗り越えればテンティピ オリヴィン2CPが待っている。

 

 

では、読者の皆さん!

素敵なテンティピLIFEを!!

 

 

コメント