ワークマンのジョガーパンツ!買って良かった3つのポイント

 

こんにちは、K15です。

 

K15
K15

ジョガーパンツが流行しています。ファストファッションは様々なラインナップを揃えていますね。数ある製品の中でもワークマンのジョガーパンツがハイスペックです。僕がワークマンのジョガーパンツを選んだ理由を3つ紹介します。

 

スポンサーリンク

足を曲げてもストレスがない

僕はキャンプ、バイク、DIYを楽しみます。アクティブに動くので膝の曲げ伸ばしにストレスがない方が良いんです。ワークマンのジョガーパンツは僕の思いを形にしてくれました。膝の曲げ伸ばしが楽で、様々なシーンで活躍します。

 

キャンプなら薪割りもテント設営もスムーズに行えます。バイク乗りならスムーズに乗り降りが可能となります。DIYなら長時間膝を曲げて行う作業でも負荷を軽減できます。ユニクロやGUなどのファスファッションのジョガーパンツは機能的でない場合が多いです。ワークマンはワークウェアとしての豊富なスキルをカジュアルなものに展開してヒットしました。

 

K15
K15

ワークマンのジョガーパンツを選んだ一つ目の理由が膝の曲げ伸ばしが楽な点。世の中のニーズが物より事にシフトしていく中で、ワークマンのジョガーパンツは事を楽しめるウェアです。事を楽しむ僕にとって重宝する物となるのです。

 

デザインがシンプルで良い

いくら機能的でもダサイと着れません。ワークマンのウェアには反射材が縫い付けられている製品も多いです。これは現場で働く人にとっては嬉しい利点かもしれませんが、普段着で着るとなるとダサイのです。

 

残念な例を紹介します。防風透湿素材のコーチジャケットが目にとまりました。バイク乗りの僕はこのシンプルなコーチジャケットをワッペンでカスタムしたいと考えました。しかし、良く見ると反射材が付いていました。これは残念です。買う理由がなくなりました。

 

一方でワークマンのジョガーパンツは反射材がなく、ワークウェアの男前である部分を残しながらカジュアルなものになっています。細すぎず、太すぎないシルエットがどんなスタイルにもハマると思います。ストレスなく着れて、お洒落なら買いますよね。

 

国内のワークウェアとして定評があるBLUCO。僕は男臭いワークウェアが好きでBLUCOを着ています。しかし、これからはワークマンにシフトしていこうかと考えています。ワークマンの機能的な所、コスパが良い所、お洒落になってきている所を踏まえると、買わずには入られません。

 

ワークマン女子という言葉が流行っていますが、僕はワークウェアを選んでこなかった男子にもワークウェアの素晴らしさを体感して欲しいのです。それにはワークウェアの原点である男前な所(お洒落な所)をもっと伸ばしていき、ワークマン男子を増やしていく必要があると思います。

 

K15
K15

機能は十分、もっとお洒落になってくればワークマン男子の増加が見込めます。

 

ラフに着れる

ワークマンのジョガーパンツはサクッとラフに着れます。これは通勤時やちょっと近場に買い物に行く時にも便利です。裾は絞りが付いています。ローカットスニーカーを履く時は靴下がちらっと見えます。そこを考慮してコーデすると良いと思います。

 

K15
K15

1900円というコスパでありながらラフに着れるのなら、ガシガシ使っても良いですね。

 

買うなら新作が良い

出典:workman

ワークマンのジョガーパンツには大変満足していますが、買った後に後悔した点があります。それは新作のジョガーパンツには撥水加工があるんです。それにカラーも、ブラック、サンドベージュ、ダークグリーンがあります。それにもっとシンプルになっています。買う前に新作がある事を知っておけばこっちを買いましたね…。

 

K15
K15

次はバイク乗りの為にも防風仕様となってくれたら嬉しいですね。総評してワークマンのジョガーパンツはとっても良い買い物でした。

 

では、読者の皆さん!

素敵なワークマンLIFEを!!

 

 

 

コメント