炎幕vsソロベースvsワンサイドフォークAFシェルターDX

 

こんにちは、k15です。

 

世の中に溢れているパップテントの中でも人気があるテンマクの炎幕、バンドックソロベースの比較を行なっていきます。それからタラスブルバのワンサイドフォークAFシェルターについても比較していきます。

 

K15
K15

何故、この3つのテントの比較をするのか疑問に持たれた方もいるかもしれません。実はタラスブルバのワンサイドフォークAFシェルターも魅力的なんです。

 

スポンサーリンク

デザインの比較

テンマク 炎幕DX

炎幕DXはファーストモデルである炎幕にスカートが付いているハイスペックなテントです。スカートがある事で冷たい冷気の侵入を防止してくれます。

 

K15
K15

僕は炎幕のコットンの風合いが好きです。スカートの色も渋くて良いですよね。無骨でカッコイイ幕です。

 

バンドック ソロベース

バンドックは日本の株式会社カクセです。生産は中国になります。バンドックソロベースのデザインはusパップに似ています。

 

K15
K15

見た目はもはや軍幕。軍幕はジッパーを取り付けるなど、使いやすいようにカスタムする人もいますね。バンドックソロベースはそういった手間がなく、初めから使いやすく軍幕スタイルを味わえます。

 

タラスブルバワンサイドフォークAFシェルターDX 出典:facebook

 

タラスブルバはスポーツオーソリティのプライベートブランド。ワンサイドフォークAFシェルターの特徴は片側が二股ポール。更にワンサイドフォークAFシェルターDXはメッシュ生地の採用、スカート付きとなったハイスペックテント。

 

K15
K15

二股ポールにより拡張性を高めています。テントのカラーも渋くて好きです。

 

素材の比較

テンマク 炎幕DX

炎幕DXはコットンで厚みのある生地を採用しています。一方でバンドックソロベースはtc素材。炎幕のコットンと比べて薄い印象を受けます。タラスブルバワンサイドフォークAFシェルターはポリエステル。しかしこちらは難燃素材です。

 

【生地比較のまとめ】
・炎幕DX  厚みのあるコットン
・バンドックソロベース  薄い印象があるtc素材
・ワンサイドフォークAFシェルターDX  難燃ポリエステル生地

 

生地で言うなら炎幕DXの方が品質が良いと感じました。ワンサイドフォークAFシェルターDXは使っていないのでわかりませんが、しっかりしたポリエステル生地という口コミがあります。

 

タラスブルバのワンサイドフォークAFシェルターDXはメッシュ生地付きなので虫もシャットアウト出来ます。

 

性能の比較

テンマク 炎幕DX

炎幕DXはスカート付きでテント内に入り込む冷気を防止してくれます。またコットン素材なので、通気性と遮光性に優れていますよ。コットン生地なので使用後はよく乾かさないといけませんが、オールシーズン楽しめるハイスペックなテントとなります。

 

K15
K15

炎幕DXはランタンや小物を吊るせる紐があるので利便性も良いですね。

軍幕より炎幕DXに感動した!!雨でも冬でもいけるぜ!!
炎幕DX買いましたよ。軍幕と悩んだのですが、ファスナーの取り付け面倒だしチープな割に高いのよね。実際に使った僕が感じたいい所、悪い所を大公開します。きっと購入された方は炎幕DXでよかったと満足していると思います。

 

バンドック ソロベース

バンドックソロベースはスカートが無いので冷気が入ってきます。僕はナンガのダウンシュラフを使っているので寝る時も寒くないですよ。真冬でキャンプしましたが、結露も酷くなく一夜を過ごせました。ただスカートのニーズが高いので今後バンドックソロベースDXが販売される可能性は高いと思います。

 

K15
K15

バンドックソロベースを使って驚いた点は撥水性の高さです。テントに水溜りが出来ても内部に侵入する事はありませんでした。

 

バンドックソロベースの教科書!雨・スカート・薪ストーブ全て網羅
バンドックソロベースのヘビーユーザーの僕が気になる疑問に答えます。バンドックソロベースは買って良かったです。とにかく安いし、カッコイイ。当時物の軍幕にこだわりがなければ誰にでも扱いやすいですよ。初心者でも簡単に張れます。大人の秘密基地です。

 

 

ワンサイドフォークAFシェルター 出典:tarasboulba

ワンサイドフォークAFシェルターDXは難燃ポリエステル生地を採用する事で扱いやすさ抜群です。コットンやtc素材に比べてカビにくくて、軽いんです。

 

ワンサイドフォークAFシェルターDXが他社製品と違う点は全パネルが開放可能です。これは画期的でして、タープのようになります。夏場暑い時は全パネル開放して、気持ちの良い風を浴びる事が出来ます。夜になれば寒くなるのでパネルを締め切り、テント内で快適にこもる事が出来ます。

 

K15
K15

ワンサイドフォークAFシェルターは高さがあるので、腰が痛くなり難いと思いますね。居住性は高い幕だと思います。

 

知っておきたいワンサイドフォークAFシェルターDX!3つの新機能
高評価のタラスブルバ製ワンサイドフォークAFシェルター。なんとハイスペックとなり新発売。ブログやSNS、大手通販サイトでの口コミの要望を叶えてくれています。僕の要望TC素材は聞いてくれていないようですが…。(笑)

 

【蚊帳について】
・炎幕dx 蚊帳無し
・バンドックソロベース 蚊帳有り
・ワンサイドフォークAFシェルターDX メッシュ生地付き

 

パップテントを使って気づいた点

バンドックソロベースからの眺め

炎幕DXやバンドックソロベースなどのパップテントは設営がかなり楽ですね。男の秘密基地が数分で出来上がるので、テント設営でエネルギーを消耗する事はないです。それからパップテントはグランドスタイルが気持ちが良いです。張り出し部分が日除けになり、ごろーんと寝転べば最高の癒し空間となります。

 

K15
K15

パップテントは手軽にキャンプが楽しめ、デザインもカッコ良く、キャンプのモチベーションがアップ。キャンプの充実感を高めてくれる幕です。

 

その他にも魅力的な幕があるので気になる方は参考にしてみてください。

世の中に溢れているパップテントをまとめ、おすすめを厳選!
パップテントかっこいいですよね。デザインの良さ、キャノピーポールで跳ね上げ、無骨なスタイルにマッチします。おすすめのパップテントを聞かれる事があります。そんな悩める方にパップテントのまとめのページを作りました。

 

では、読者の皆さん!

素敵なパップテントライフを!!

コメント