ガレージブランド「アズロイ」焚き火キャップ5つの魅力

こんにちは、k15です。

 

K15
K15

お洒落なアウトドアキャップを探しているなら僕はアズロイの焚き火キャップをおすすめします。なぜなら5つの魅力があるからです。

 

スポンサーリンク

アズロイとは

まず、焚き火キャップの魅力に迫る前に、そもそもアズロイをご存知でしょうか。アズロイはアウトドアガレージブランド。主にアウトドアファッションを展開するブランド。

 

私達 x azuroy x<アズロイ>はclad、Aplysia、watarumonとして別々に活動していた3作家が「アウトドア」という共通点で繋がり立ち上げたクラフトブランドです。

それぞれの元々の作品、活動の場である帽子、バッグ、蝶ネクタイの制作を中心に「x azuroy x」として新しい商品やデザイン、ドローン空撮などにも活動の場を広げております。

引用元:azuroy

 

焚き火キャップの5つの魅力

焚き火のプリントがお洒落

焚き火キャップのエンブレムは一目で焚き火が好きとわかるデザイン。僕はシンプルな物が好きです。ゴチャゴチャしたデザインは苦手なのです。こんな焚き火キャップのデザインが欲しかった、と共感してもらえる方がいるはずです。

 

アジャスターがパラコード

帽子のアジャスター、いわゆるサイズ調整はパラコードです。ロープワーク好きがうなります。僕はロープワークは得意ではないんですけど、勉強中です…。

 

両方の手でパラコードを引っ張れば、サイズ調整が可能です。例えば、職人さんはタオルを頭に巻いて、後ろでギュッと閉めますよね。あんな感じで気合いが入ります。よし、これから遊びに行くぞってなる訳です。

 

K15
K15

アジャスターがパラコードってお洒落でしょ。

 

近年はアウトドアガレージブランドが増えてきました。販売チャンネルやネットの普及のおかげです。企業に依存する働き方から、個人でアイディアやノウハウを活かし提供する時代になったのです。日本企業は未だトップダウンな運営をするところがあります。それも時代が変われば考え方や仕組みを変えていかないといけません。アイディアやノウハウを各人が発揮できるのはトップダウンよりボトムアップの方が良いはずです。

 

さて、この話の続きは別の機会に譲ります。アウトドアガレージブランドが他の企業にはない独創的な商品を展開しているので、僕は常に注目しています。アズロイも例外ではありません。

 

難燃生地

アーミー生地らしいです。よくわかりませんが、焚き火の火の粉には強いようです。実際には抽選で当たりました。アズロイの関係者の皆様には素晴らしいキャップを頂き感謝しています。

 

K15
K15

生地の色味がどれも素敵。選ぶのに苦労すると思います。ちなみに僕の色はグレー×モカですよ。

 

絶妙なサイズ感

小さすぎ大きすぎず、帽子好きの僕も納得のサイズ感です。ただ、Lサイズは少し大きかったかな。アジャスターを目一杯閉めてちょうど良い感じです。僕は顔が大きいんですけどね…。

 

K15
K15

ここで言うサイズ感が良いとは帽体の深さがちょうど良いという事です。更に、ツバの角度とサイズ感も好き。なかなか無いんですよね、帽子の深さがちょうど良くてツバがいい感じな物って。

 

ワークスタイルにも使えると思いますよ。難燃だし、サンダーなど扱う人にも良いと思います。ちなみに着ているジャケットやパンツは過去のブログでも紹介しています。

 

焚き火で燃えない冬キャンプの服装特集!アウター編
あなたは冬キャンプの際、焚き火で大事なアウターに穴が空いた経験がありますか?僕はダウンに火の粉が付着し穴が空いた経験があります。同じ様な経験の方や、これから冬キャンプをしようと考えている方に向け、難燃素材のアウターを紹介します。

 

BLUCOの新作「TC素材の服」がキャンプで使えるぞ!
僕はバイク乗りであり、キャンプをし、DIYをします。どの場面でもBLUCOのワークウェアが活躍します。はっきり言って大手キャンプサイトでBLUCOの商品を紹介している記事はないでしょう。独自の目線でアウトドアでも、タウンユースでも活躍する服を紹介していきます。

 

細部にこだわりを感じる

今まで紹介した魅力も細部になるんですが、もっと細かい所を紹介します。帽子の頂点によくあるボタンこれが無いんです。アズロイ曰く、帽子の上からヘルメットを被れるようにボタンを無くしているようです。

 

K15
K15

実際にヘルメットを被ってみたところ、田舎のヤンキーみたいになりました…。しかし、僕はボタン無しで満足しています。ワークスタイルっぽくて好きです。

 

それから頭の後ろの部分。この部位なんて言うのかわかりませんが、カモ柄なんです。焚き火キャップが届くまで気づきませんでした。細部までこだわりを感じます。妥協なし、すごいぞアズロイ。

 

買い方

公式サイトよりご購入頂けます。ショップの方の対応も良いので安心してショッピングができます。受注生産なので、お急ぎの方は注意が必要です。

 

K15
K15

僕は焚き火キャップを街でも被っています。

 

では、素敵なアウトドアライフを!!

コメント