世の中に溢れているパップテントをまとめ、おすすめを厳選!

こんにちは、k15です。

K15
K15

パップテントかっこいいですよね。デザインの良さ、キャノピーポールで跳ね上げ、無骨なスタイルにマッチします。おすすめのパップテントを聞かれる事があります。そんな悩める方にパップ型テントのまとめページを作りました。

スポンサーリンク

ジャンル別おすすめパップテント

パップテントの素材には、コットン、TC、ポリエステルが使われています。これらをジャンル分けし、紹介していきます。

きっと気になるパップテントが見つかるぞ!!

コットンのパップテント

まずは、メンテが大変だが、耐久性、風合い、火の粉に強いコットン素材から見ていこう。素晴らしきコットンの世界にようこそ!

イナウトドア グン

日本製のテントです。軍幕のような雰囲気抜群のカーキ色、シンプルなコットン幕、まさにグンです。特徴は前室の跳ね上げ部分が広い点。使っている方も少なく、まず被らないでしょう。

【こんな方にオススメ】
日本製のコットン幕。人と被らないテント。シンプルイズベスト。

イナウトドアのグン購入レビュー!使って気づいた良さとは?
ついに、僕達はイナウトドアのグンを購入しました。グンは以前にも当ブログでも紹介していましたが、実際に使用してみて気づいた点があります。その点を掘り下げ、購入を検討している方の参考になれば大変嬉しく思います。

テンマク 炎幕シリーズ

炎幕は良い幕です。縫製もしっかりしてますし、スカートも付いているので隙間風を防いでくれます。フラップもあり、機能性にも優れています。

K15
K15

炎幕DXの他に、スカートがない炎幕、2人用の大炎幕、コットンとポリエステルを繋ぎ合わせた炎幕EVOがあります。個人的には炎幕DXが良いですね。2人でも寝られますよ。

【こんな方にオススメ】
テンマク大好き。機能性に優れたコットン幕。大人気の幕が良い。
軍幕より炎幕DXに感動した!!雨でも冬でもいけるぜ!!
炎幕DX買いましたよ。軍幕と悩んだのですが、ファスナーの取り付け面倒だしチープな割に高いのよね。実際に使った僕が感じたいい所、悪い所を大公開します。きっと購入された方は炎幕DXでよかったと満足していると思います。
大炎幕がオールコットンで再販!断然コットン派だよね
僕は過去にもテンマクデザイン大炎幕のブログ記事を書いていました。その時にも大炎幕オールコットンが良いと言っていました。なぜオールコットン派なのか意見を述べさせて下さい。きっとコットンが好きになりますよ。・
炎幕DXの革命化「EVO」が発売!気になるスペックをレビュー
炎幕DXシリーズにEVOが新たに加わりました。ジワジワと人気を集める炎幕。炎幕DXを持っている僕ですが、デメリットも感じていることがあります。それをクリアしているのが炎幕EVOになります。炎幕を買う人は「DXとEVOの違い」を知っておきましょう。

軍幕

軍幕の良さは無骨な所です。ジッパーはなく、ボタンで繋ぎ合わせるので面倒くさいのですが、やはり軍で使われていたので無骨で耐久性が良いのです。

K15
K15

近年、ミリタリーキャンプのブームから軍幕の価額が上昇。各社が販売しているパップテントは、繋ぎ合わせて使う軍のテントを参考に作ったものです。USパップはパップテントの中でも人気の幕。

【こんな方にオススメ】
本物志向の方。古いコットン幕が好きな方。ボタンが面倒くさくない方。

TC素材のパップテント

TC素材は、ポリエステルとコットンの混合素材。コットンより扱いやすく、軽い。さらにポリエステルより耐久性が高い。バランスの良さから、多くのキャンパーから支持されています。

バンドック ソロベースTC

これは僕が買った幕です。軍幕を使っていたのですが、ボタンが面倒くさくなりました。手軽なパップテントを探しているとTC素材のパップテントを発見。速攻でポチりました。

僕が買った理由は3つ。コスパ、デザイン、機能性です。USパップのようなデザインであり、利便性に優れています。

【こんな方にオススメ】
TC素材大好き。コスパ最強。USパップは高くて買えない。軍幕はちょっと面倒くさい。
バンドックソロベースの教科書!雨・スカート・薪ストーブ全て網羅
バンドックソロベースのヘビーユーザーの僕が気になる疑問に答えます。バンドックソロベースは買って良かったです。とにかく安いし、カッコイイ。当時物の軍幕にこだわりがなければ誰にでも扱いやすいですよ。初心者でも簡単に張れます。大人の秘密基地です。

DODパップフーテント2

DODパップフーテントは珍しいテントです。パップテントの多くはインナーは別です。パップフーテントはテントにメッシュ生地が縫われているので、インナーテントが必要ありません。

K15
K15

DODでも問い合わせが多いのも、このパップフーテントになります。パップフーテント2はタープの形状が面白くなりました。

【こんな方にオススメ】
DODが大好き。インナーテントが要らないパップテント。個性的なタープが良い。
新作の後継モデル「DODパップフーテント2」の全容が明らかに
2019年秋に発売予定とされていた、DODのパップフーテントがようやく展示されました。発売日は2019年12月の予定です。秋から一転、冬の発売になりましたね。反響が大きいテントなので売り切れそうです。価額は31,900円。

woops パップテント

詳しいことはわかっていませんが、黒いパップテントを作成している模様です。黒いTC素材のパップテントが気になります。パップテントよりも先に、姉妹ブランドMOOSEからTCタープが発売となりました。僕も愛用していますが、とても良い幕ですよ!

woopsを知らなきゃ損!TC素材パップテントが黒くてカッコいい
ポリエステルの黒いパップテントは他社でも発売されているのですが、TC素材はないですよね。近年のトレンドは黒とサンドカラーでしょうか。無骨なパップテントに無骨な黒ですよ。それでいて、TC素材です。これは、流行りそうだな!と、そう直感をしました。

ワンタイガー スーパーシェルターTC

ワンタイガーのスーパーシェルターは、ソロキャンパーに人気となっています。価額の安さ、見た目のかっこよさが魅力的。TC素材はナチュラムの別注品。

え、ワンタイガースーパーシェルターにTCが登場だと!?
ワンタイガースーパーシェルターは、無骨な見た目と、価額の安さから、じわりとソロキャンパーに人気となっている。ナチュラム別注品は、TC素材となっており、また一段と人気に拍車がかかりそうだ。

フィールドア TCパップテント320

フィールドアのTCパップテントは、最強に安い。しかも、二又ポール、スカート付き、ダブルジッパーというハイスペック。初心者は、積極的に検討したいパップテントとなっています。

1分でわかる「フィールドア新作パップテント320」の凄さ!
2020年、どうやら僕は、フィールドアの凄さを目の当たりにしている。文句のつけようがない、パップテントが発売された。既存のパップテントについて、もっとこうした方が良い、という声を研究し、反映しているものだと感じている。

小川 ツインピルツフォークTC

TC素材のパップ型のテントです。大きめなので広く使いたい方におすすめです。使用している方を見ると、お洒落キャンパーばかりです。お洒落に決めたい、そんなあなたには候補の1つに上げても良いと思います。

【こんな方にオススメ】
TC素材大好き。アレンジ張りし放題。お洒落に決めたい。広めが良い。
ツインピルツフォークTCを楽天で詳しくみる

ポリエステルのパップテント

ポリエステル素材のパップテントの最大の魅力は、軽くて、雨に強い点です。

タラスブルバ  ワンサイドAFシェルターDX

出典:tarasboulba

スポーツオーソリティのブランド、タラスブルバ。老舗のアウトドアブランドがキャンプ用品を販売開始し、話題となりました。スポーツオーソリティ会員ならとってもお買い得になるのでタラスブルバは魅力的です。全国で販売されるので、展示を気軽に見られて参考にすることができます。

K15
K15

ワンサイドAFシェルターは一時期品切れとなった人気商品です。TC素材だったら買ったのにな、という旨の内容をタラスブルバのSNSに書き込んだら、参考にします、との意見をもらいました。来期はタラスブルバからTC素材が出る事を期待しましょう。

【こんな方にオススメ】
ポリエステルのパップテント。アレンジ張りし放題。コスパが良い。
タラスブルバ「ワンサイドフォークAFシェルター」の評価がすごい
実際に使用している人の声を聞くと「買って良かった」との評価ばかりです。個人的にはフォークティピーテントが好きなのですが、ワンサイドフォークAFシェルターの方が人気のようです。さて、どんなところが良いのかSNSの口コミをまとめてみました。

ワンサイドフォークAFシェルターが更に進化しました。買うなら、断然DXになります。

知っておきたいワンサイドフォークAFシェルターDX!3つの新機能
高評価のタラスブルバ製ワンサイドフォークAFシェルター。なんとハイスペックとなり新発売。ブログやSNS、大手通販サイトでの口コミの要望を叶えてくれています。僕の要望TC素材は聞いてくれていないようですが…。(笑)

最後に

自分がどんなスタイルをしたいのか、ソロなのか、ファミリーなのか等、自問自答して選びましょう。パップテントは、秘密基地感があって、ワクワクします。少年の心を取り戻したように、無心に遊べます。

何事も効率化を求められる現代。効率化を求めた結果、大事なプロセスの面白さを失っていないでしょうか。キャンプは非効率です。しかし全てにおいて、過程を楽しむ事ができます。火をつけるのも、料理も、自然の移ろいも肌で感じます。それが、何故だが心地良いのです。人間本来の姿なのかもしれません。

ソロキャンプで過程を楽しむ。パップテントなら、より一層キャンプが楽しくなります。少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント