ランクル60の維持費が心配なら固定費を見直せ!きっと納車できる

 

こんにちは、k15です。

 

ランクル60を乗ろうと考えても、躊躇してしまい買うのを先送りにしている方がいます。デザインも良く、積載能力もあり、トヨタブランドなのに何故、躊躇するのだろうか。そこの疑問に迫り、少しでも不安を解消できれば幸いです。

 

NZM
NZM

僕は走行距離15万kmのランクル60を150万円で納車しました。会社の上司からは「15万kmも走っている車はやめた方が良い」と言われましたが、微塵も後悔はしておりません。

 

ランクル60への不安を解消し納車しよう!

 

スポンサーリンク

ランクル60を躊躇する理由

維持費が高い

一番最初に維持費を気にする方がほとんどだと思います。実際にかかる経費は貨物登録なので自動車税17,000円、毎年車検7万円となります。

NZM
NZM

それから高速料金がやや高くなります。

 

貨物登録が経済的。毎年車検だが自動車税が安いので、手が出せないレベルではない。

 

K15
K15

車の支出が増えるのであれば、何かを減らせば良いと思います。例えば、携帯代を削減するのであれば格安SIMに変えるだけでも大きく節約できます。

 

404 NOT FOUND | K15-LIFE
K15の趣味をベースに多様な情報を発信していくブログ

 

さらに毎年車検を自分で受けたら大きな節約になります。僕はいつもユーザー車検で通しています。以前、軽自動車のユーザー車検の流れを紹介した記事を書きました。流れは一緒なので参考にしてみてください。

 

軽自動車ユーザー車検が不安な方!費用・持ち物・やり方について!
数キロ走る毎によく見かける業者の「車検」の看板広告。ディーラー、ガソリンスタンド、中古車販売業者、チラシなど、車検は儲かるビジネスであると感じます。しかしユーザー車検(継続検査)は誰でも出来ます。やり方をわかりやすく解説していきます。

 

人生で2番目にお金がかかる買い物は生命保険です。高額な金融商品を購入しているのに、なぜ車ばかりに維持費を気にするのだろうか。

 

そもそも保険とは万が一に備えるもの。それなのに必要以上のオプションをつけて、高額な月額料金を支払っている。必要補償額を確認すれば月額料金は安くなるはずです。

 

【必要補償額とは】

残された家族が暮らしていける補償額。

 

K15
K15

手術なら高額療養費制度で安くなりますし、仮に亡くなっても遺族年金も入るのです。医療も社会保障も充実した日本に生まれてよかったと感じます。

 

自分の必要補償額を認識することにより、生命保険を安くできます。そして必要補償額はライフプランによって見直す必要があります。子供が成人し働いているのであれば必要補償額も下げれるはずです。

 

人生で2番目に高い金融商品である生命保険を削減すればランクル60は乗れるはずなのです。

 

燃費が悪い

燃費は軽油で1リットルあたり8km程です。現行車に比べて悪いですが、前述したように固定費を削減すれば良いのです。

 

K15
K15

ワイモバイルに僕は変えたのですが、ネット回線をソフトバンクに変えました。スマホ代とネット回線を合わせても月額5,000円です。

 

ソフトバンクエアー4「速度が遅いとの情報は古い」リアルな口コミ
人生で一番お金を使うのは住宅費です。次に携帯代とネット通信と言われています。僕はauからワイモバイルに変えました。ネット通信はビビッグですが、auのスマートバリューが適用とならないので今回は遅いと物議があるソフトバンクエアーにしました。

 

故障が多い

現行車に比べれば故障も多いと思います。しかしランクルは世界中で乗られている車なので部品に困ることはないのです。

 

NZM
NZM

納車して2年ですが、故障は全くありませんでした。故障したら直せば良いのです。

 

K15
K15

母は日産ノートpowerに乗っていますが、先日エアコンが効かなくなり修理に出しました。現行車も故障するときはするのです。

 

スポンサーリンク

ランクル60の魅力

車選びは「どんな自分になりたいか」だと思います。ランクル60でドライブに行きたい。たくさん荷物を積んでキャンプに行きたい。サーフィンに行きたい。まずは乗っている姿を想像しましょう。

 

さあ、なりたい自分になりましょう!

現行車にはないレトロなデザインで人目を引くのは間違いありません。そして高耐久なエンジンを搭載しているのです。

 

今乗っている車を高く売るなら個人売買です。その方法も紹介しています。

車やバイクの個人売買の手続き!各アプリの特徴・名義変更の書類まで
車やバイクを個人売買で売りたいけど手順がわからないという方に簡単に説明します。各手続きに必要な書類や商品の紹介の仕方もあるのでわかりやすいと思います。トラブルに巻き込まれ民事訴訟となるケースもあるので、正しい手順で個人売買をする必要があります。

 

コメント