auギガ放題は悪魔の新プラン!疲れがとれない人はギガを減らせ!

こんにちは、K15です。

 

K15
K15

auからワイモバイルに変えて使えるギガ数が20ギガから9ギガになりました。当初、9ギガだったら足りないかもと少し心配していました。

 

しかし、ギガ数を減らして良かったことが多いのに気づきました。携帯代が安くなる上に副産物のメリットが大きいので紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ギガ放題のデメリット

スマホ脳過労を発症するリスク

ギガ放題などのギガ数が高容量なものは、いくら携帯を触ってもギガを超えないという安心感から常に触ってしまいます。

 

携帯を使用するとスマホ脳過労になるリスクが上がります。疲れがとれない、意欲の低下がある、もの忘れがひどい方はスマホ脳過労かもしれません。

 

スマホ依存は脳過労に注意!症状や治し方、対策のまとめ
スマホ脳過労を危険視する医者が多くいます。僕はスマホを長時間見てしまい、なんとなく疲れがとれないと感じており、最近本を読んでスマホの人体における影響を学びました。空いた時間に頻繁に見たり、トイレや風呂でも見る方はスマホ脳過労の危険があるかもしれません。

 

情報過多

情報は知って安心感を得られるものもあれば、ますます不安が増大する情報まで様々です。例えば、自分自身に現れる身体症状が気になり調べます。大抵は早めに病院に行きましょう!となります。

 

些細な事でも気になれば調べることが出来る反面、不安が増大し憂鬱な気持ちになるリスクあり。

 

K15
K15

ギガ放題などのプランは不必要な情報を隙間時間に見てしまい、知らなくてもいい情報まで入ってくるリスクがあるのです。僕の場合は20ギガから9ギガに減ったので自ずと携帯を見なくなりました。

 

T12
T12

脳を休めましょう!

今起こっていることに注意が向かない

「ご飯を食べてる時」、「信号待ちの時」、「喋っている時」に携帯を見ながら過ごすのは非常にもったいない行為です。

 

ご飯を食べている時に携帯を見てしまうと、味覚、嗅覚に注意が向かない状態となり、今起きている幸せな瞬間を味わえていないのです。

 

信号待ちの時、暇つぶしに携帯を見ながら時間を過ごすと、脳が休まりません。仕事休憩時も同じことが言えます。脳と体を休めることでパフォーマンスがあがると思います。

 

喋っている時に携帯を見ながら会話するのはモラルがなく、信頼を失うことにつながります。

 

 

K15
K15

僕は以前、入浴しながら携帯を持ち込んでおり、入浴をしていることを味わえていない状態でした。今は入浴していることを体で感じることが出来、リラクゼーション効果も高まっていると実感できています。

 

SNS使い放題は危険

LINEモバイルの「Twitterやインスタグラム使用時はデータ使用量をカウントしないようなプラン」は魅力的に見えます。

 

しかし隙間時間に見てしまうのはSNSが多いのです。これが無制限だとついつい見てしまい、脳過労となるリスクとなります。

 

ギガ数が限られていてもSNS使い放題は結局隙間時間に見てしまう。何事も程々が良いのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

携帯ギガ放題プランは携帯触り放題となり、健康を損なうリスクがあります。海外ではデジタルデトックスという、デジタル機器から離れて生活するスタイルが流行してきております。

 

僕はキャンプで実践しています。あえて電波の入らないところでキャンプするのです。五感でしっかり自然を感じることができます。

 

K15
K15

僕なら携帯料金が安くなりスマホ依存を抑止する対策としてギガ数を減らしますね。実際、9ギガもいらないので3ギガにしますよ。

 

格安SIMに乗り換え、ギガ数を減らす方が賢いですね。

404 NOT FOUND | K15-LIFE
K15の趣味をベースに多様な情報を発信していくブログ。今となってはほぼキャンプブログ!

コメント