長靴もお洒落な時代に!安いと好評のワークマンで「15000歩」

こんにちは。K15です。

 

絶賛されているワークマン。なかでもpvc防水シューズはネットでも高評価となり売れています。キャンプや釣りをするアウトドアファンの間で話題となっています。

 

K15
K15

値段はなんと1,500円!ということで「15,000歩」を歩き続けても大丈夫なのか検証していきます。

 

スポンサーリンク

ワークマン防水シューズは長靴の常識を変える

長靴といえばお洒落とは程遠いものだと感じていました。激しい雨の時、畑をする時、洗車をする時に使用するなど汚れや水に強い反面、デザインは一定の形を成しています。

 

これから梅雨時期となるのでワークマンで長靴を探していたところ、防水シューズが目に留まりました。

K15
K15

ただただかっこいい。これならキャンプなどのアウトドアシーンでも街中でも活躍すると思いました。

裏地もカモフラ柄でお洒落、細部までこだわるワークマンに脱帽です。これで1500円なら間違いなく買いだと思います。しかし気になるところは防水性能、履き心地です。

 

「15,000歩」歩いて履き心地を検証

もちろん雨の中で検証してきました。雨量は多くもなく少なくもない普通雨です。まず、防水性能は全く問題なし。靴下が濡れるようなことは一切ありませんでした。

 

履き心地も1500円とは思えないほど満足いくもので、足の裏が痛くなることもありませんでした。

唯一気になったところは上記の指で指している部分。靴のフチが皮膚と擦れて若干痛くなったところです。僕はいつもショート丈の靴下なので、ここは改善してもらいたいところです。

長距離を歩く時は長めの靴下を履けば問題はないと思います。

 

気になったところはそれぐらいです。とてもお洒落で今では毎日履くほどです。友人からも好評で、「近隣のワークマンに行ったけどなかった」と言っていました。

 

やはり15000歩歩くと疲れましたが、ワークマンの実力を知れて良かったです。

 

【総評】

1500円とは思えないほどの作りで、防水性、デザイン、履き心地も良かった。長距離を歩くと靴のフチが痛くなることがある。長い丈の靴下で対策を。

 

どこで買える?

もちろんワークマン実店舗で購入することが可能ですが、売り切れとなっているケースが多いです。実店舗に行かれる際は事前に在庫状況を確認しておくと効率的だと思います。

 

通販もありますが送料がかかるのがネックです。近隣にワークマンがない方は交通費を考えると通販の方が安い場合があります。

 

サイズ感は27.5を普段履いていますが、ワークマン防水シューズは27cmでちょうど良かったです。

 

コメント