話題のゼインアーツすでに予約で完売か?ゼクーM・ギギ1に注目

 

こんにちは、K15です。

 

ゼインアーツという強力なライバルに各社アウトドアブランドも注目している様です。2019年4月上旬に発売予定となっていますが、すでに完売している店舗やモデルもあります。

 

K15
K15

ゼインアーツとはどんなブランドなのか魅力にせまりたいと思います。

 

スポンサーリンク

ゼインアーツはどんなアウトドアブランド?

引用元:ゼインアーツ公式サイト

長野県松本市で生まれた国内のアウトドアブランドです。機能性を追求し、自然との調和を大事にしたいとあります。

 

第一弾となるラインナップ4つのモデル見ても快適な居住空間、自然に溶け込むエクステリアが魅力的な商品となっており、アウトドア愛好家が好むと思います。

 

ゼクーMの個人的評価

引用元:ゼインアーツ公式サイト

ミドルサイズシェルターとありますが、確実に中は広いと思います。エクステンションフレームによりサイドが立つので快適な居住空間が実現できています。

 

設営についてもワンポールテントなので、四隅をペグで打ち込み、センターポールをたて、最後に二箇所ペグダウンします。僕はテント選びで簡単設営は重要な要素と考えています。

 

外観はなんかかっこいいですね。ナチュラルな色が自然に合います。大開口になるので夏場も涼しいと思います。パネル一面を開口した姿が特に好みです。

K15
K15

一点気になることがありまして…遮光性はどうなのかと…。

生地の裏面に着色したポリウレタンを使用することで日差し対策をしているとのことです。

 

重量も11.5kgと軽量になります。今後さらなるブラッシュアップでテント生地を変えて欲しいと思いました。

 

ギギ1の個人的評価

引用元:ゼインアーツ公式サイト

個人的に気になっているのがこのギギ1です。1人で贅沢に使うのもよし、2人で仲良く住まうのもよし。サイズ感が絶妙です。重量も4.5kgなのでバイクツーリングで仲間とシェアするのにも重宝しそうです。

 

K15
K15

実際には3人でも広々使える空間でした。すごいぞギギ!

 

ドアパネルをオープンにすればタープみたいにもなりますし、涼しいと思います。テンマクのサーカスTCにライバルが現れた予感がしますね。値段も42,984円(税込)なので、テンマクサーカスTC買いたいけど人と被りたくない人が買っていきそうな気がします。

 

使用者の評価

 

K15
K15

カッコイイといった声が多数。そして中はかなり広い。欠点は六角形ということもあり設営の時に苦労しているといった声がチラホラ。

 

View this post on Instagram

ゼインアーツのギギ1 初張りです⛺️ 最初の4箇所ペグダウン時は思ったより狭い❓と感じましたが両サイドを引っ張ると…広い‼️😍 全面の跳ね上げは120cmと180cmのポールが見た目&入りやすさのバランスで個人的に好みです😍 時折吹く強い風にもバッチリ👌 色も形も💕 . #ゼインアーツ #zanearts #ギギ1 #試し張りキャンプ #キャンプ #アウトドア #3週グルキャン #今日はソロキャン #4週連続キャンプ #現実逃避 #ギギ1 が2つ #転売用じゃないよ! #仲間と一緒に購入 #今度連結しよう! #outdoor #camp #camping #camphack取材 #hinataoutdoor #キャンプでブー

A post shared by @ tomo_camp_t32_5 on

 

NZM
NZM

中は意外に広い。2人でも十分に過ごせる。センターポールから二股ポールにしている方もいて参考になりますね。

 

ゼクーM・ギギ1の発売日は?

前述しましたが、発売日は2019年4月上旬です。数ヶ月前から予約開始となっており、モデルによっては完売となっています。すでに楽天で出品しているものは完売のようです。

 

ゼインアーツの取り扱うSHOPに問い合わせたところ、ゼクーMは完売しているとのことです。ギギはまだ予約可能なようです。(2019年3月17日現在)

 

店舗によってはまだ予約ができる可能性があるので問い合わせてみてもいいかもしれません。

ゼインアーツの取り扱いがあるSHOPリストを掲載しておきます。ゼインアーツ取り扱いSHOPリスト

 

予約商品はキャンセルができないので注意してください。
ゼインアーツの最新記事を追加しました。
テンマクの新作テントも要チェックです。

コメント