ハンパない機能のプロジェクター!家庭用におすすめな物を厳選

 

こんにちは、K15です。

 

2019年になりましたが魅力的なプロジェクターが次々と発売されています。軽量でコンパクト、短焦点や2wayなど手軽にホームシアターが楽しめる時代になりました。

 

家庭用なら省スペースで天井設置や短焦点な物を選びたいですね。

 

厳選した人気の高性能プロジェクターを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ポップイン アラジン

 

View this post on Instagram

 

popIn Aladdinさん(@popin.aladdin)がシェアした投稿 -

投影・スピーカー・照明が一体

こちらはSNSで人気となっているようです。人気の理由は投影・スピーカー・照明が一体となっており、家庭の引掛シーリングに取り付けるだけでホームシアター完成です。

 

場所を取らずに大画面で映画を楽しむことが出来ます。

 

豊富なコンテンツ

youtube、amazonプライムビデオ、Netflixなどのコンテンツが利用可能です。随時コンテンツを更新していくので、今後も対応可能なコンテンツが豊富になっていきます。

 

価額が安い

投影・スピーカー・照明が一体なのですが価額も良心的です。初めてホームシアターにチャレンジしたい方にはおすすめです。

 

残念な点

TVゲームは投影出来ない

FULL HDではない(ポップインアラジンの最大解像度は720p)

明るいところには厳しい明るさ(ポップインアラジンの明るさは700 ANSIルーメン)

 

寝室など暗いところで映画を楽しみたい方におすすめです。

 

 

LG HF85JG

場所をとらない

超短焦点モデルなので、たった20cm離すだけで120インチの映像を投影出来ます。

 

投影する壁のすぐ近くに設置できるのでスペースの有効活用に加えて、人が通りかかった時の映り込みも回避することが出来ます。

 

K15
K15

コンパクト軽量で20cm離すだけで120インチはすごい

高画質

フルHD(1080P)なので高画質で映像を楽しめます。4Kや3Dは対応していない点は残念ですが…同じLG製品でHU80KSなら4Kに対応しています。

短焦点で4Kという高画質プロジェクターならLG HU80KSが良い
ついに、プロジェクターも4Kというハイスペックな高画質なものが発売されました。TVからプロジェクターがこれから一般的になる予感がしています。次世代を担うにふさわしいLGの「HU80KS」はどんなシーンでも活躍し、ユーザーの生活が豊かになる事でしょう。

 

1500ルーメンという明るさなので明るいリビングでも鮮やかに投影出来ます。

 

スピーカーを内蔵

スピーカーを内蔵していることに加えてブルートゥース対応なので外部スピーカーやヘッドホン、イヤホンで聴けます。

過去に「お洒落なブルートゥーススピーカーをまとめたページ」を書いたので参考にしてみてください。

 

平成最後のおしゃれでレトロなブルートゥーススピーカーのまとめ!
こんにちは、K15です。 アンプで有名なMarshall、楽器で有名なFENDERといった企業も独自のノウハウを活かしスピーカーを販売しています。 ポータブルスピーカーが流行している中ですが、やはり聞く頻...

 

個人的にはヘッドホンで聴けるのは嬉しいです。周りを気にせず好きな音量で聴けます。

 

スマホとやパソコンをミラーリング

無線でスマホやPCの映像を大画面で楽しめます。HDMI端子もあるのでamazonのfire tvなどのSTB(セットトップボックス)を投影することも可能です。

 

映画のみならずスマホで撮ったムービーや写真、ゲームも投影可能です。

 

残念な点

・価額が高い

価額は高いですが120インチのTVに比べれば安いかな。

・音質が微妙

外部のスピーカーを使えば解決。

・スクリーン選びがシビア

白い壁なら問題ないが、凹凸がある壁紙だとスクリーンが必要になってくる。短焦点に対応したスクリーンを選ばないと歪みが生じる。

 

過去に短焦点に対応したスクリーンを紹介しているので参考にしてみてください。

コスパ抜群の100インチプロジェクタースクリーンのまとめ!
こんにちは、K15です。 2019年は4Kプロジェクターがトレンド予想としてあり、高画質、大画面、短焦点というスクリーンが求められます。 自立式、吊り下げ式、短焦点対応のプロジェクタースクリーンをそれぞれ紹介しま...

 

高画質、ブルートゥース、スマホのミラーリング、超短焦点の多機能プロジェクターをお探しの方におすすめ。

 

 

コメント