2019年厳選したミラーレスのまとめ!初心者におすすめな物とは?

こんにちは、K15です。

 

最近はスマホのカメラの性能がよくなっていますが、やはり一眼レフカメラに勝つことはないでしょう。思い出の写真は綺麗な方が良いに決まっています。

 

ミラーレス一眼レフカメラは各メーカー出していますが特におすすめな物を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

初心者におすすめなキャノン EOS Kiss M

キャノンのKiss Mは各メディアでも度々取り上げられている優れものです。キャノンの一眼レフは上級モデルの「EOS」、入門モデルの「EOS Kiss」、ミラーレスの「EOS M」があります。

 

今回紹介する「EOS Kiss M」はおそらくミラーレスの入門的なモデルだと思います。

しかし、連写速度が速かったり、画質もミラーレスの「EOS M」より優れていたりと上位モデルを上回るスペックです。

 

手軽に簡単にどこでも綺麗な写真が撮れます。初心者はまず満足出来るでしょう。

 

僕も経験あるのですがミラーレスのAF(オートフォーカス)が思い通りにピントを合わせてくれなくてイライラしますよね。このカメラのAFは精度も速度も優れていますよ。

 

ボタンがやや押しにくいですが液晶画面のタッチで簡単に変更できる点は便利です。

 

液晶も自分に向けることができるので自撮りが好きな方には便利です。携帯にもすぐ送れるのでその場でSNSに投稿できます。

 

瞳AF機能もあり、瞳にピントを合わせることで背景がぼやけ、人物が強調されるので綺麗な写真になります。

 

・画質が良い ・AFは精度が高い ・自撮りもしやすい ・瞳AF機能も便利 ・ボタンはやや押しにくい

 

 

ミラーレスの買い替えならSONY α7 Ⅲ

「SONY α7 Ⅱ」の後継モデルですが、凄く性能が良くなっています。SONYによるとミラーレスの新基準らしく、スタンダードなこのモデルのスペックが新基準だと思うと恐ろしいですね。

 

連写とAF(オートフォーカス)の性能も素晴らしく動く被写体も対応できると思います。また大容量バッテリーなのでミラーレスの欠点であるバッテリー持ちの欠点も補っています。

 

4K動画が撮影可能であり、暗いところもセンサーの性能が上がっている為問題なく撮れます。

 

結構良いのがサイレント撮影も可能な点、周りの人を気にせず撮れます。液晶モニターは180度回転しないので自撮りは出来ません。

 

連写とAFの性能が良い。 バッテリーが長持ち。 4K対応。サイレント撮影可能。瞳AF。自撮りは難しい。

 

 

 

まとめ

この2つであれば満足出来る撮影が可能だと思います。女性はキャノンの方が自撮りが出来るので良いと思います。

 

ソニーは値段が高いのでなかなか厳しいですが、値段に見合う価値は充分にあると思います。

 

世界で評価が高い二社はいずれも日本の企業なので誇らしいですよね。少しでも参考になれば嬉しいです。

 

今更だがミラーレス一眼レフとは?初心者でもわかる一眼レフとの違い
こんにちは、K15です。 2018年はミラーレス一眼レフが大流行しましたね。続く2019年もSNSの発達、アウトドアの流行、旅行者増によるミラーレス市場が更に盛り上がることでしょう。 なるべくわかりやすく...

 

コメント