これからは冬が好きになる!バイクの革グローブを厳選!

こんにちは、K15です。

 

バイクに乗る時の防寒対策で重要なのが手先、足先の冷え対策です。太い血管が通っていないので冷えやすく、寒くて辛い経験をした方も多いはずです。

 

K15
K15

年中バイクに乗っている僕のおすすめのグローブを紹介します。

スポンサーリンク

バイク乗りにとって冬は辛い

バイクに乗ると風の影響をもろに受け、体感温度は風速により変わります。よく言われているのが風速が1m/s増すと、体感温度は1℃下がるということです。

 

無風の状態でバイク時速60キロで走行した場合、風速は約16.7m/sとなり体感温度は16℃下がることになります。

 

その過酷な状態から身を守る為風を通さない素材、体温を逃しにくい素材が求められます。

 

冬におすすめな革グローブ

ナパグローブ

僕が長年使っているのがアメリカの老舗ブランドのナパグローブです。鹿革を使い、雰囲気のみならず裏地はシンサレートなので暖かいのが特徴でお洒落です。

 

K15
K15

僕は秋、冬、春の3シーズンを通して使っており、値段も安く耐久性も良いので四年程使っています。

 

ただし、真冬は手元が寒く感じることがあるのでホームセンターで売っている薄手のインナー手袋を着用しています。

 

しなやかな鹿革、シンサレートにより暖かい、安価である。

 

 

powwowグローブ

北海道に拠点を構える国内ブランドpowwowは数多くのバイク乗りから支持されています。

 

人気なのが手首まで覆う事が出来るガンレットタイプ、牛革なので経年変化も楽しめ裏地はポーレル素材で防風防水性能が高いハイクオリティーのグローブです。

 

ボア部分はサーモギアと呼ばれる新素材、非常に暖かく冬でも快適なバイクライフを送ることが出来ます。

 

僕の友人が使っているのがこのpowwowグローブ、真冬でも快適でありながら雰囲気抜群のカッコよさです。

 

値段は高い。牛革による高級感。真冬のライドも快適。とてもお洒落。

 

 

チャーチルグローブ

ナパグローブ同様、アメリカメイドの老舗ブランドであり、鹿革、シンサレートを使っている点も一緒です。

 

チャーチルの良さはカラーバリエーションが豊富で女性の方にも人気であり細部の作りが丁寧です。

 

口コミによると真冬のライドはインナー手袋をつけた方が良いとされています。インナー手袋はホームセンターにもネットにも売っています。

参考になるリンクを貼っておきます。

インナーグローブ おすすめ売れ筋商品ランキング | バイクパーツ通販 Webike
インナーグローブ売れ筋TOP100ランキング!1位KOMINE:コミネ:GK-136 クールマックスインナーグローブ、2位BODY REGULATOR:ボディレギュレーター:インナーグローブ、3位ROUGH&ROAD:ラフ&ロード:ラフアンドロード:クールマックスインナーグローブ、今すぐ続きをチェック!バイクのことなら...

 

K15
K15

僕がナパグローブを選んだ理由がチャーチルより安い点とグリップのしやすさです。

 

ナパより高い。縫い方や細部の作りが良い。カラーバリエーションが豊富。暖かい。

 

まとめ

どれも素晴らしいバイクグローブで冬のライドを快適にしてくれます。

 

コスパで選ぶならナパグローブ、もっと作りが良い革ならチャーチルグローブ、牛革で渋い雰囲気が好きならpowwowグローブが良いと思います。

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

コメント