これがキャンプや室内におすすめなハンモックだ

こんにちは、k15です。

 

ハンモックに揺られながら何も考えず、目を閉じる事って気持ち良いですよね。僕もハンモックに魅せられた一人です。

 

室内やキャンプ、庭でも使えるおすすめのハンモックを紹介します。

用途に合わせたおすすめのハンモック

 

スポンサーリンク

庭で使えるハンモック

庭やウッドデッキでハンモックを使用することになると、自立式ハンモックがおすすめです。

 

ビブレのハンモックがお洒落

僕が使っているのが定番で大人気のハンモックメーカー、ビブレ社のものです。とてもお洒落な色でログハウスメーカーBESSの展示場でもよく見かけます。

 

機能性、耐久性も安物のハンモックよりしっかりしており、インテリアとしてもお洒落です。

 

体全体が包まれる感じがとっても気持ち良い。

 

大人二人でも使用出来るのでカップルにもおすすめです。

 

●おすすめポイント

・色が豊富でお洒落

・綿100%の肌触りが気持ちいい

・広いのでゆったりできる

 

ビブレのハンモックは重く、でかい

お洒落なのですが、このハンモック重いのが難点です。自立式のセットで買うと総重量15kg程…

 

どこでも設置可能と言われてますが、この重さを持ち歩くのは辛いと思います。

 

僕は一度だけキャンプに持って行ったのですが、あまりの重さにそれ以降持って行ってません。アウトドア目的で買おうとしている方にはおすすめできません。

 

アウトドアって荷物が多くなりますよね。少しでも軽量な方が良いと思います。

買ったけど、倉庫に眠っているなんて話もよくあります。

 

ハンモックのスタンドを使わず、木に吊るす使い方なら実用性があります。

 

それからスタンドがかなりの大きさです。

室内で使っている方もいるようですが、僕の家は小さいので場所をとるビブレハンモックは屋外のみの使用としています。

 

室内目的で検討している方は家具の配置など検討しておいた方が無難です。

 

 

●残念なポイント

・スタンドが重い

・大きくて場所をとる

・アウトドアには不向き

 

ビブレおすすめの使い方

おすすめの使い方はスタンドが重いので移動を必要としない庭やウッドデッキで使うことが理想的だと思います。

 

屋外で使用する時はハンモックをスタンドに常時吊るしたままだと雨で生地が痛みます。

 

スタンドは組みたてたままにしておいて使用するたびにハンモックを吊るすか、雨の時はハンモックを外すかのどちらかになると思います。

 

屋根付きのウッドデッキや広いベランダがある方はハンモックを常時吊るすことが出来るので羨ましいです…

 

キャンプでは蚊帳付きハンモック

キャンプでオールシーズンハンモックを使うなら蚊帳付きがおすすめです。

 

amazonで格安で販売されているハンモックがあり、キャンプでハンモック泊をしてみたくて、蚊帳付きのものを買ってみました。

 

amazonで買える格安ハンモック

早速amazonでハンモックを調べてみると、なんか聞いたことが無いメーカーのハンモックがいっぱいあって値段も格安です。

 

「これ、大丈夫なの?」と不安を感じながら購入。

 

僕が買ったのはWecamtureというメーカーのハンモックです。

 

ハンモックの吊るし方

自立式ではないので木に吊るす必要があります。Wecamtureのハンモックは吊るす為に必要なカラビナとロープが付属されているのですぐに使用可能です。

 

吊るし方はロープを2、3回木に巻き付けるだけでいいので、とっても簡単です。

 

使用感

使用感は気持ちがいいですね。目を閉じたら寝てしまいます。カラビナ部分の紐の強度が心配でしたが90kgの友人が寝ても問題ありませんでした。

蚊帳は取り外せませんが使わない場合は蚊帳の上に寝転ぶことが出来るので、使用に支障は無かったです。

 

収納袋がハンモックに縫い付けられているので収納袋にペットボトルなどを入れることが出来ますし、袋を無くす必要がありません。

 

格安でも充分にハンモックとしての性能を兼ね備えています。

 

バイクや登山におすすめ

ハンモックはテントに比べコンパクトで軽量です。ニット帽と比較しました。こんなにコンパクトなんですよ。

僕はよくバイクでキャンプに行くのでこれからはハンモック泊にしようと思います。登山やロードバイクでキャンプする方にも大変重宝すると思います。

 

ハンモック泊の注意点

テントに泊まった方は体験があるかもしれませんが、地面の冷気で寒い夜を過ごしたという事があります。

ハンモック泊は地面からの冷気の影響を受けることがありません。

 

ただし、風や雨の影響を受けるのでタープで風と雨の遮断が必要ですね。

 

意外にもハンモック泊は快適なのです。

 

アウトドアでは軽量が良い

軽量なものだと「よし、持っていこう!」という気持ちになります。

 

それがとても大事で、実用性のあるものの選び方になると思います。

 

様々なアウトドアシーンで活躍すること間違いなしのWecamtureハンモックを検討してみても良いかもしれません。

 

室内で使えるハンモック

室内用のハンモックなら場所を取らない梁に吊るすタイプがおすすめです。

 

梁などの天井から吊るせばインテリアとしてもお洒落です。

 

吊るすタイプのハンモック

天井や梁にボルトを打ち込みハンモックを吊るせば場所を取らずに、素敵な空間を実現できます。子供の遊び道具や大人のくつろぎの場になると思います。

 

吊るすタイプは敬遠されがちですが、実は取り付けが簡単に出来ます。ネジを締めこむだけのタイプも有り通販で買えます。

 

 

ラシエスタはドイツのハンモックブランドです。座り心地や生地に定評があります。まぁ、価額が高いんですが…お洒落です。

室内は使用頻度も高いことから高品質なものの方が良いような気がします。

 

3wayハンモックが便利

天井から吊るすタイプが嫌な方は3wayタイプもあります。これはハンモックチェアやハンガーラックにもなる優れもの。

 

多機能でありながら軽量なものも多く、室内のみならずアウトドアでも使えます。用途に合わせて使い分けできるので大変便利です。

 

 

ハンモックの魅力

最後にハンモックの魅力ですが、体が包まれると幸福感を感じます。企業の競争が激化し、効率やスピードが求められる現代で何かとストレスが溜まりやすいです。

 

ハンモックに揺られながら風を感じ、日の光を感じ、呼吸を感じることができます。時間に追われて日頃忘れていた大事な感覚をハンモックが思い出させてくれます。

 

ハンモックに寝転び空を見上げると不思議な気持ちになり、とても落ち着きます。

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

コメント