車やバイクの個人売買の手続き!各アプリの特徴・名義変更の書類まで

 

こんにちは、k15です。

車を売る時に1番高く売る方法があります。

 

それはもちろん「個人売買」です。各サイトにも紹介されていますが、わかりにくいので極力簡単に車とバイクの売買手順と注意すべき点を紹介します。

 

スポンサーリンク

車の値段の相場を調べよう

自分が持っている車の値段を調べる為に、ヤフオクやメルカリで自分の車を検索します。

大体いくらで売られているか、わかると思います。買取業車の相場が知りたければ車の一括査定に申し込むのもありです。

 

それと、中古車販売サイトでどれくらいで売られているかも価額設定に役立つと思います。

相場より少し金額を下げると売れやすい

 

スポンサーリンク

車を出品するサイトはどこが良いのか

今や、車やバイクも個人で売ったり買ったりする時代になりつつあります。その代表的なサイトがヤフオクとメルカリでしょうね。

 

ただし、手数料が取られます。それぞれに特徴があるので紹介していきます。

 

出品するサイト選び

・メルカリ

販売代金の10パーセントが手数料として取られます。

メリットはユーザーと流通する商品が多いということです。

 

・ヤフオク

出品時プレミアム会員にならないといけません。

出品時と落札時に3024円がそれぞれかかります。

面倒ですよね。

流通とユーザーはとても多いので売れるチャンスはメルカリよりもヤフオクの方があります。

 

個人的にオススメするのは出品手数料がかからないサイトから出品するということです。

例えば、ジモティーやメルカリですね。

 

・ジモティー

出品も落札時も無料です。

無料で取り引きされるとあってそれなりに見ているユーザーもいます。

なのでオススメのサイトです。

僕の売り方はメルカリとジモティーに出品し、なかなか売れなかったらヤフオクに出品するという形をとっています。

 

初めての方は出品手数料が無料の方が簡単ですし、やりやすいと思います。

 

スポンサーリンク

出品する際の検索ワードを出来るだけ多く入れましょう

一人でも多くのユーザーに見てもらう為には検索にヒットしないといけません。

例えば、セレナを売るのであれば「日産 セレナ e-power 中古車」など最低三語は入れましょう。

 

すると、e-powerで調べた人も日産で調べた人もあなたの車を見る事ができます。

 

より多くの検索ワードに引っかかるように関係ないワードを入れている人ががいますが、あれは運営サイト主から商品削除される可能性があります。

まぁ、また出品すれば良いのですが…

 

スポンサーリンク

車を出品時、商品の説明は詳しく書こう

ご自身の車の状態を紹介していきます。

・メーカー

・車種

・年式やグレード

・走行距離

・車検の有無

・修復歴

・喫煙の有無

・傷の有無

・ちゃんと走るか

・タイヤの溝はどれぐらい

・その他カスタム箇所

最低記載しておきたい項目ですね。

 

ここで嘘を書くと後々トラブルに発展してしまいます。

正直に記載しましょう。

 

スポンサーリンク

車の写真はダメージ箇所を掲載すること

この理由は二つあります。

一つは車のダメージの程度を相手に知ってもらうということ。

二つ目はダメージ箇所を載せることによるあなたに対しての信頼感が生まれます。

 

顔が見えない取引きの場合、この信頼感が重要になってきます。

 

質問は丁寧にわかりやすく答え相手の不安を取り除こう

そして、質問にも丁寧に答えてください。初めの一言は「質問ありがとうございます。」

 

と言えば気持ちの良いコミュニケーションがとれ、売買につながる第一歩となり得ます。

また、質問してくる方は購入意思があり、不安な所があるので聞いてきます。

 

親身になって不安を取り除くことが大事です。

 

スポンサーリンク

なかなか車が売れないのなら、原因を探す

・高すぎる値段設定

・車の説明欄の内容が乏しい

・検索に引っかかっていない

・写真が魅力的でない(細部までわからない)

 

自分の車が売れない原因を考え、改善しましょう。

 

実際に売れている車のサイトを見て研究するのも大事

 

スポンサーリンク

車の名義変更の仕方

まず、相手からの入金を確認します。入金確認後、名義変更を行いますが二種類の仕方があります。

 

♦名義変更の方法

1:ナンバーと書類(車検証、譲渡証明書、納税証明書)を相手に送り陸運局で名義変更とする。

2:廃車(一時抹消)して返納書と譲渡書を相手へ郵送する。

 

ちなみに委任状はなくても大丈夫です。

 

どちらかになりますが車検がある場合は「1」の方をおすすめします。

「2」だと登録する際に再度車検を受けなくてはなりません。

 

車検がある場合は「1」、車検がない場合は「2」がおすすめ

 

そして、名義変更完了もしくは一時抹消したら発送となりますが、必ず名義変更の際は名義が相手になった事を「写真」で確認してください。

 

要するに、名義変更完了したら車検証の写真を送ってもらいましょう。

 

ここまでしないと、名義変更されていなくて車を引き渡ししたら毎年あなたが自動車税を払わないといけません。

 

なので、手順としては入金確認→名義変更→車の発送になります。

 

僕は入金確認後、車を発送し、クレームつけられなかなか名義変更してくれなかったという苦い経験があります…

 

スポンサーリンク

まとめ

手順としては簡単です。しかし、思わぬトラブルに繋がるケースもあります。正しい手順で、お互い納得いく売買ができれば良いですよね。

 

僕はトラブルが嫌なので「現車確認」をいつも相手の方に勧めています。

 

この記事をお読みになった方が「面倒くさそうだし、トラブルも嫌なので業者に売る」ってなっても構わないと思っています。

 

逆に「よし、挑戦してみよう」となっても嬉しいです。

 

何かの判断材料になれば嬉しく思います。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

コメント